神奈川県での実績あるインプラントは横浜歯友会内藤歯科。院長が手術から人工歯製作まで担当。年間180症例。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

インプラント

IMPLANT
長期間もつを本気で考えた、痛みの少ない、シンプルなインプラント治療
アクセス
横浜市戸塚区原宿3-5-1
(原宿交差点マクドナルド2階)
JR戸塚駅からバスで25分

大きな地図で見る
治療費
詳しくはこちら
1本症例 25万円(税別)
2本症例 45万円(税別)
3本ブリッジ 55万円(税別)
治療期間
詳しくはこちら
手術から3〜4ヶ月
通院回数は4〜8回
(あくまでも目安です。)
インプラントの失敗の多くは骨が少ないところに入れた場合です。
ですから当院では骨の薄い難症例とか、骨を足す増骨手術は行いません。
インプラントは骨が十分にある場合に限り手術をしています。これがインプラントの現実的な使い方だと考えています。

インプラントシュミレーション

切らない手術(フラップレスオペ)の動画もご覧ください。当院のオペの7〜8割がフラップレス手術です。
フラップオペ

内藤

骨造成をしないシンプルなインプラント治療
当院のHPにようこそ。院長の内藤です。H14年から横浜でインプラント治療に携わってきました。
インプラントは異物感のある入れ歯から解放してくれる、快適で画期的な治療法だと思います。
治療終了後の長期予後も良好で、当院でインプラント周囲炎やその他のトラブルもほとんどありません。
私は骨が十分あって、簡単な手術になりそうな方のみインプラントをお勧めする考え方です。簡単な手術しかしないので、痛みもあまりないですよ。
インプラント治療に興味があるが、ご不安だという方は、一度HPを詳しくご覧ください。
また、このHPはほとんど内藤が書いたものです。デザインや写真が下手なのはご容赦ください。
疑問に思うことがありましたら、お気軽にメール下さい。私がお答えいたします。スマホなどで撮影した口腔内の画像があると助かります。
神奈川、横浜以外の方のインプラント相談でも構いません。(メールでの予約は受け付けていません。045-858-3755へ。)

当院の特徴

特徴1 カウンセリング、手術、人工歯製作まで全て院長が行います。年間180症例の実績。
特徴2 骨量が多く、単純な手術が望めそうな方のみインプラントをお勧めする方針です。
特徴3 治療費は1本症例25万円。複数歯症例1歯20万円前後。最小限の本数で計画します。
特徴4 ストローマン社のインプラント以外は使用しません。
特徴5 人工歯はジルコニアの白い歯のみを使用。銀歯は扱っていません。

ご存知ですか?医療費控除

インプラント治療は医療費控除の対象となる治療です。
例えば、110万円のインプラント治療を受けた場合、年収1,000万円の方なら33万円還付されます。つまり77万円で治療ができる計算です。知っておくと、結構大きいですよ。
詳しくはこちら

ストローマンインプラント SLA

当院の治療成績

3ヶ月後の定着率は97.5%。
40本打って1本くっつかないという確率。
ストローマンインプラントにして6年間でインプラント周囲炎はゼロ
これなら患者さんに勧めてもいいかなって思えます。
神奈川県横浜市のインプラントなら当院におまかせください。

ストローマンポスター

治療終了後、インプラントが長くもつかどうかはインプラント周囲炎になるか、ならないか、にかかっている。
ストローマンインプラントはインプラント周囲炎がまずない。私は経験から、インプラントメーカーによって明確な差があると考えている。

ストローマン

ストローマン社は世界に数百社あるインプラントメーカーの中でNo1のメーカーです。
10年後、20年後のインプラント周囲炎の確率が非常に低く、長持ちするインプラントです。

ストローマンインプラントパートナーズ会員

当院はストローマンインプラントパートナーズ会員です。神奈川県横浜市のインプラントは当院へお任せください。

インプラント ss

人工歯製作の問題点

従来法で製作すれば、インプラント人工歯が口腔内に合わないことは良くあります。
食べ物が停滞してしまうとか、発音に障害がでてしまうとか、ほっぺの粘膜を噛んでしまうとか、歯ぎしりを邪魔してしまうとか、左右の高さが微妙に合わないとか、見た目が少し曲がって見えるとか。
インプラント人工歯を石膏模型上で完成させるために起こる誤差です。
この誤差は患者さんの日々のストレスとなります。
しかし、当院でのインプラント人工歯はこの誤差が起こりません。
なぜなら、誤差がないことを患者さん本人に使ってもらって確かめてから、人工歯制作をするからです。

人工歯の形は患者さんに教えてもらう

いままでの歯科技工にはなかった発想試し歯で完璧にフィットする人工歯を作っています。

内藤ポスター

インプラントの手術は難しくない。
だって難しい手術はやらないから。
難しい手術なんて、患者さんにとっても何の得もないから。ストローマンインプラントを使えばインプラント周囲炎もまずないし。
難しいのは、むしろインプラントの人工歯のほう。患者さんの口腔内でストレスなく馴染む人工歯を作る方がよほど難しい。

si

完璧なフィット感の人工歯を安定して作りたい。
人工歯について何年も考えに考えた。
連日、連夜、試行錯誤を続けた。
「そうだ、完成品を作る前に、試し歯を作って患者さんに聞いてみよう。」
プラスチックで試し歯(トライ)を作って患者さんに日常生活で使ってもらう。
食事、歯磨き、水を飲む、運動、睡眠、会話、運転、何気無いとき・・・。
実際に使ってもらうと、さなざまな不具合が浮き彫りになる。こちらの予想だにしなかったことが出る。

説明

「顎を右にずらした時だけ、ほっぺを噛んでしまう。」
「前歯がそろいすぎているから、少しバラバラにして自然な感じにして欲しい。」
「この歯の内側の微妙な膨らみが舌に触って、発音がしづらい。」
「ここに食べ物が乗ってしまうので、食べた後、うがいをしないといけない。」
「ガムを噛んだ時だけ、この歯と下の歯肉に隙間を感じるんだよね。」
肉眼的にはちょっとした凹凸なのだが、患者さんにとっては毎日のこと。
これが続くのは、患者さんにとってストレスであり、快適とは言えない。

内藤

このストレスが全てなくなるまで、試し歯を削ったり、足したり、修正していく。
悪いところを患者さんに教えていただく。
修正して、日常生活で試してもらって、修正して日常生活で試してもらってを繰り返す。
そのうち「この試し歯はいいね。使いやすいよ。」ってOKをいただくことになる。
この修正って口腔内でないと、絶対にできない。
だって、石膏模型とかコンピューターには粘膜とか、唇とか、神経なんてないから。
石膏模型で顎関節の複雑な運動なんて再現できない。

ジルコン

コンピューターに、ガム噛ませる計算なんてできない。だから、患者さんにOKをもらったトライは究極の形のはずだ。
あとは精密にコピーしてジルコニアに変換するだけ。ジルコンツァーンという名機を導入したので3次元の立体コピーは完璧。名付けて「トライ&コピー法」こうして、ジルコニア人工歯のセットをする日がくる。
調整は不要で、ネジ締めて、取り付けるだけ。
だって調整はトライで済んでいるから。私も患者さんも楽に終わることができるようになった。再製なんか、したことがない。

set

「これでインプラント治療は終了です。また半年後の検診で。」そして半年後、「いやーインプラントにしてよかったよ。」そんなこと言われると一日中嬉しい。
人工歯製作も自分でやることになってしまったので、診療以外の仕事も増えたが、しかし、私にはこの方法以上の人工歯製作法が思いつかない。
神奈川県横浜市でインプラントのご相談はぜひ当院へ。

インプラントブリッジ

インプラントブリッジ

最少のインプラント本数で治療するために、積極的にインプラントブリッジを用いています。手術も治療費も負担が軽くなります。

詳細情報

大きな症例を数多く手がけております

all on 6

全部の歯をジルコニアの一塊で製作し6〜7本のインプラントで支えます。ジルコニア人工歯の加工を院内にて行っております。

詳細情報

人工歯製作風景

人工歯の製作まで、全部やる歯医者がいてもいいじゃないか
歯科技工士法で、歯科技工士は患者さんの口腔内には触れてはいけない。
実際に製作する人間が、途中経過を試着して様子を見たりできない。
それでは、いい人工歯なんかできないじゃないか!ならば、自分で作るしかない。
そう思ってから、自分でやりだして何年も毎日のように作っています。
人工歯を作るようになってから、手術も少し変わりました。
人工歯をより作りやすいように、という観点からインプラントを打つ角度が微妙に変わったのです。
詳細情報

私がインプラント治療で最も難しいと感じること

今、グラグラしている歯をインプラントにしたいと思っている方へ。
歯がグラグラしているっていうことは、その歯の周りの骨が溶けてなくなっているわけです。
その歯を抜いた後は、インプラントを打つ場所に骨がないっていうことです。
抜いてから、半年待てば、溶けた骨が再生されるので、半年待って欲しいと思うのです。
それがインプラントが長く持つ方法だし、患者さんのためになる方法と思うのです。
ここで待てないという方が一番難しいと思っています。しかし、私は患者さんを喜ばせることより、患者さんのためになることの方を優先します。
ケースバイケースですが、待ったほうがいいと思う場合は、手術はしません。骨が再生すれば、簡単な手術になるし、インプラントが長持ちしますよ。

院長2

私がインプラント治療で最も緊張する過程

説明 インプラント

インプラント手術から3ヶ月後、インプラントが骨は定着している…はず。
この定着の確認日が私が一番緊張する日です。当院の定着確率はストローマンインプラントにして6年間で約97.5%でした。
平均よりもいい数字ですが、40本インプラント手術をすると1本はくっつかないということです。(再手術の確率も97.5%なので何回も定着しないということはないのですが。)
この場合は患者さんには、再手術(もちろん無料で)をお願いしなくてはなりません。
また、プラス3ヶ月かかるため終了予定日も大幅にずれることも納得していただく必要があります。これが心苦しいので、この過程は緊張するわけです。

遠方で当院に来院できない患者さんへ一言アドバイス

横浜までいらっしゃることのできない方も、このHPを閲覧されていると思います。ただ、ストローマンSLAインプラントを使っている歯科医院でインプラントをされてください。(SLAですよ。アクティブではないですよ。)私の実際の治療経験として、非常に良好な結果を残してくれているインプラントですのでおすすめです。
1本50万円なのか30万円なのかなんて、そこの医院の取り分の話ですので重要なところではありません。(東京、横浜はちょっと高いらしいですが。)
重要なことはそのインプラントが持つか持たないかということなのです。
HPなどで歯科医院の情報を見れば使っているインプラントがわかると思います。
インプラントメーカーはとっても大切です。
成否を分ける重要な要素だと思います。
まあ、私も有名どころでいえば、アストラインプラントとかカムログインプラントとか3iインプラントとかアンキロスインプラントなんかは使ったことがないので、使ったことのないメーカーのいい、悪いは知りません。
神奈川、横浜で少し遠くの方であればぜひ当院までインプラント治療にいらっしゃってみませんか。

インプラント前に済ましておくべき治療

PageTop