インプラント 奥歯の症例.6|横浜市の方。上下顎の総入れ歯をインプラントデンチャーにした症例紹介です。入歯もかなり小さくしました。インプラント奥歯の症例6です。今回は左下67番ストローマンインプラントの紹介です。45万円(税別)の治療費です。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

奥歯.6 インプラント

左上67 450,000円+消費税

50代の女性です。左下67のインプラントを希望されて来院されました。右下67も5年前当院にてインプラントされていて、快適な噛み合わせに満足していただいています。5年前から左も悪かったのですが、なるべく残したいと患者さんの希望があり、積極的には触りませんでしたが、半年前に痛くなり抜歯をしました。半年待って抜歯した穴がなくなるまで待ちました。インプラントを埋入して3ヶ月経過後、インテグレーションを測定したところ、良好な数値が得られたため、上部構造を製作することになりました。

奥歯の症例6-1

(1)インテグレーション確認後、トライ作製して口腔内で形態修正すること2回来院されました。頬肉を噛んでしまうというトラブルを解決したのを確認して、ジルコニア作製に入りました。

奥歯の症例6-2

(2)レントゲンです。右と左でインプラント太さが違います。右は直径4.1mmの太さのインプラントです。左は4.8mmの太さのインプラントです。左右で太さが違うのは骨の厚みが違ったからです。この患者さんは左の骨が太かったのです。

奥歯の症例6-3

(3)完成したジルコニアの人工歯です。67の連結冠で製作しました。結合方式はスクリューリテインです。ジルコニアの色を5年前に行った右下と同じ色にして欲しいと希望されましたので、カルテで色の記録をたどり同じ色にて製作をいたしました。

奥歯の症例6-4

(4)上から見た、上部構造です。当院の技工物の特徴の1つに歯の溝を黒く着色をするテクニックをあえてしないようにしています。理由は溝の彫刻を掘ってあげれば、口腔内にて陰影を作り影が黒っぽく見えるので、必要以上の黒いラインはいれないようにしています。

奥歯の症例6-5

(5)左下67セット後の写真です。前の歯との接触状況(コンタクト)も良好で、ノー調整でセットできました。舌触り、かみ合わせの高さ、歯ぎしりした時の感触、色、良好でしたので、35Nの力でレンチ締めをいたしました。これでスクリューの緩みも起こらないはずです。

奥歯の症例6-6

(6)最後にアクセスホールをレジンで埋めました。口腔内でみるとどこに穴があったのかほとんどわからなくなっています。レジンにも歯の溝を彫刻して仕上げました。高さを揃えておしまいです。10年保証書をお渡しして、半年後にクリーニングにいらっしゃるように説明いたしました。

PageTop