インプラントなら、横浜の内藤歯科にお任せください。JR戸塚駅徒歩1分です。

医療法人社団横浜歯友会 戸塚駅前 内藤歯科

ご質問はメールでどうぞ TEL.045-443-6014 完全予約制

コラム

一般歯科
2022年05月30日 [一般歯科]

20代、30代の若い方、歯石を取りに歯医者へ行きましょう

歯石除去
20代、30代の若い方へ、歯石を取りに歯科医院に行きましょう。なぜその必要があるのか?また歯石を放置するとどうなるのか?20年、30年後歯周病で苦労する確率は7割から8割。歯周病は進行してからでは、治すのが難しいんです。無知とはリスク。無知とはコスト。学校では教わらなかった歯石とりのお話をしましょう。
今回は20代、30代の方に向けて歯石をとる重要性についてお話ししていこうと思います。

20代女性の歯石

この方は20代の女性。虫歯が気になるということで来院されました。健診の結果、虫歯は問題なかったのですが、歯石が歯の裏側にびっしりとついていて歯肉炎が起きていたので、鏡で歯の裏の歯石を見せたら「歯石がついているなんでしらなかった。」とのこと。今まで、歯石をとったこともないとのこと。「歯石って何ですか?放っておいたら何かまずいですか?」と質問を受けました。学校で歯の授業ってほとんどないですから、歯石をつけっぱなしにしていると、どうなるのって知らない人が多いんですね。簡単に言ってしまうと、大人の8割くらいの人が歯周病になって、将来、歯で苦労することになるんですよ。もしかすると、若くても、もうすでに歯肉炎という歯周病の初期症状が起きている可能性だってあるわけですね。歯周病って、人類史上最大の感染症ってギネスブックにも載っているくらい、ほとんどの人がかかる病気なんですよ。こう言っても、中には「でも、たかだか、歯が抜ける病気でしょ。」って軽く考えている人もいるんだけど、歯周病の細菌は口から血管を伝って全身を回って、いろいろな病気を引き起こしていることもわかってきているのです。例えば、糖尿病、早産、心筋硬塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎、アルツハイマー認知症など、一見歯周病とは関係なさそうな病気も100種類以上、引き起こしていることがわかってきているんですね。皆さんの時代は90歳、100歳まで長生きするのが当たり前になるでしょうから、この時に歯がなくて食事に困るとかないように、また全身疾患のリスクも下げておきたいものですよね。要するに、健康に長生きしたければ、太らず、適度な運動をし、ストレスをなるべく溜めず、そして歯をきれいにしておきましょうってことです。
歯石って何?どうやってできるの?というお話をしていきます。
歯石を説明するには、プラーク(歯垢)を説明しなくてはいけません。

プラーク

プラークとはこれ、歯についている白いものですね。

顕微鏡で見たプラーク

プラークを3000倍の顕微鏡で見るとこんな感じ。つまりプラークとは生きた細菌の塊。細菌は歯の表面に超高密度な隊列を作って初めて、虫歯や歯周病を作る力を持つのですが、この超高密度な細菌の集合体をプラーク(歯垢)って言います。プラークは柔らかいので本来は歯ブラシで磨いてとってしまうのが1番いいのですが、磨ききれずに残ると、唾液中のカルシウム成分によって石灰化して硬くなってしまいます。これを歯石と言います。簡単にいうとプラークが硬くなったものが歯石っていうものです。歯石になるとプラークの中で活発に生きていた細菌たちも全部死んでしまうんです。しかしその歯石の表面はザラザラしているので、新たなプラークがつきやすくなってしまいます。その新たなプラークもやがて石灰化して次の歯石となり、まるで地層のようにどんどん厚みを増していって大きな歯石になります。歯茎の上の歯石を縁上歯石って言って、白っぽい歯石で、害はあまりないです。この縁上歯石が皆さんのよく見る歯石なんですね。しかし長年放っておくと縁下歯石って言って、歯肉の中に黒い歯石が食い込んでいきます。この縁下歯石っていうのがまずいんですね。この縁下歯石を放置すると歯を支えている骨が溶けてしまうんです。すると歯は支えを失うのでグラグラしてきます。40代50代になって、歯がグラグラしてきて歯医者に行くんだけれど、20年近くかけて骨が溶けてしまったものは、治療が不可能な場合も多いです。外科手術をする場合もあります。毎月何回か治療にきてもらう場合もあります。しかし、歯周病は元の状態に治るなんてことはなく、よくて進行を食い止めるので精一杯なのです。ですから若い世代の方が、将来の歯周病患者さんにならないように、この記事を読んでいただき、歯石に対しての危機感を持ってくれることを期待しています。当院YouTubeでもこの記事関する動画を公開しております。こちらからご覧ください。
現在20代、30代の方。今は、歯に不安を感じていないかもしれません。しかし歯周病は8割の人が悩まされるわけです。あなたも多分人ごとではないはずです。歯石を取りに歯医者に行きましょう。一回数千円程度です。年3回でも1万円くらいです。お金はそれほどかかりません。かけて欲しいのは手間と情熱です。歯のことも気にしてくださいね。若いうちは、着色とりが来院動機でも構わないと思います。歯の着色も歯石と一緒に取ることによって歯周病を予防できれば、とても良いことだと思います。歯石とりは多くの歯科医院でやってくれますので、通いやすいところが良いと思います。しかし横浜近郊でかかりつけ歯科医院がない方は、当院にきてみませんか。戸塚駅の改札すぐにあります。歯科衛生士が担当制になっていますので、あなたに専属の歯科衛生士がつきますので。長年あなたと2人3脚で、あなたの歯を守ってくれますよ。現在7名の歯科衛生士が時間をかけて丁寧にクリーニングをしております。WEB予約はこちらより承っております。

関連記事

PageTop

  • LINE予約
  • 初診の方のWEB予約
  • 再来院の方のWEB予約