コラム | インプラントなら、横浜の内藤歯科にお任せください。JR戸塚駅徒歩1分です。

医療法人社団横浜歯友会 戸塚駅前 内藤歯科

ご質問はメールでどうぞ TEL.045-443-6014 完全予約制

コラム

お役立ち情報
2022年05月09日 [お役立ち情報]

歯科治療ばかりしていたら歯がなくなりますよ(前編)

歯の治療
今回は大人の方で歯の弱い方に歯の検診や予防をお勧めするお話を前編、後編に渡って記載していきたいと思います。
今まで、歯の治療をたくさん受けてき方。若い頃、削っては詰めるという治療からはじまり、神経をとる治療になり、抜歯になり入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療法で、腕が良い歯医者をあちこち探し回り、治療を受けてきたという方。
年をとったら自分の歯では食事ができなくなっているんじゃないかと思っている方。このような方に特にお話をしたいと思います。
結論から言うと、今からでもいいから歯の検診や予防をしましょう。というお話です。最後までご覧いただければ、あなたの歯科の常識が変わることになると思います。
さあ、本題に入ります。私が20年歯医者をやっていて思うのは、削って詰める歯科治療は歯に悪いということです。自分や親族にはこのような治療をしたくないと思い、歯の検診や予防をしているのですが、そのおかげで削って詰める治療をする機会はかなり少なく済んでいます。削って詰めるという歯科治療が日本人の常識となったのは、実は60年くらい前からです。昭和36年1961年の国民皆保険制度、今でも病院にかかると保険証を出すと思いますが、その制度の発足からです。当時、日本人の歯は現在と違い、虫歯がとても多く、また裕福でなかったため、治療費の多くを国が負担してくれる日本独自の保険制度による歯科治療は国民に大歓迎されました。昭和40、50年代「虫歯の洪水」と呼ばれた時期であり、歯医者1人で1日50人以上診療していたというスタイルが一般的でした。1日50人というのは、1時間で6人を見る計算になり、1人あたり10分で麻酔をかけて、削って、全ての治療を終了させなくてはいけないため、患者さんの話などは聞いている時間は一切ありません。治療中痛くて手を上げても「我慢しろ!」と歯医者さんに一喝されたと、当時の歯医者は怖かったという話は年配の方からよく聞きます。しかし、虫歯の洪水の時代、昭和40年代50年代はそれでもニーズがあり、決していいと言えないのですが当時はそういう時代だったんです。おかげで、当時の日本人の口腔内の状況は、それ以前と比べるとだいぶ良くなったわけです。ですから国民皆保険による歯科治療は大成功だったと評価していいと私は思います。

しかし、問題はここからです。虫歯の洪水の時代から半世紀近くが経過し、ずいぶんと時代が変わりました。日本人は豊かになり、歯医者の数は多くなり、歯科治療の研究も進み、道具も材料も良くなった。子供の虫歯は減り、80歳での歯の残存数は多くなりました。一見、いいこと尽くめのように思えますが、残念なのは、今でも虫歯の洪水の時代に作られた常識が色濃く残ってしまっているということです。現在でもその常識にかなり縛られてしまっていて、時代が変わっても新しい概念に移行することができないということです。これは歯科分野だけではなく日本の多くの産業においての同じようなことが言えます。高度成長期の成功体験、常識から抜け出せない日本人の気質も影響していると私は考えます。そのため、日本の歯科医療は世界から見るとガラパゴス化していると言われています。
例えば、わかりやすい例から申し上げると、銀歯というのは、ほぼ日本独自だということをみなさんご存じでしょうか?銀歯は今でも歯科治療でよく用いられていますよね。あなたの歯にもついているんじゃないでしょうか?しかしこの銀歯、外国の方が見たら「なぜ日本人はこんな目立つ色のものをわざわざ歯に入れるんだい?」と言って不思議に思われます。欧米人はセラミックスやジルコニアやレジンといった白い材料で歯を治すのが一般的だからです。しかし、この銀歯問題は見た目だけであり、大した問題ではありません。銀歯は目立つだけで、医学的にセラミックスやジルコニアから大きく劣る材質とは言えないからです。

私の考える最も深刻な歯科医療のガラパゴス化というのは、歯科医療というのは削って詰める治療であるという常識が、あまりにも深く日本人に染み付き過ぎてしまっていることです。患者さんもそうですが、我々、歯科医療に携わる者も例外ではありません。この常識は虫歯の洪水の時代に確立され受け継がれてきた常識であり、日本のその時代では確かに成功をおさめました。しかし、もういい加減、令和の時代は「削って詰める」という常識をアップデートして良い時期かと思います。
欧米に目を向けてみましょう。欧米では歯科治療が日本のように安くないために、また、歯はステータスの一つという概念もあり、歯の検診や予防が広く普及しました。そのため、神経をとる治療も少なく、歯も日本人より多く残っています。歯の予防とは具体的に簡潔に申し上げれば、「虫歯や歯周病になる前にプラークや歯石をとってしまうこと」です。欧米人は日頃のセルフケアを日本人より熱心にしているのですが、それ以外にも数ヶ月に一度、痛くもないのに定期的に歯医者に行ってプラークや歯石除去のクリーニングを受けて、さらに歯科衛生士に歯ブラシ指導も受けます。唾液検査やポケット検査、細菌検査なども行う場合もあります。担当の歯科衛生士がいて、数年間のお口の中の変化を診てくれます。歯医者による担当医制ではなく、担当歯科衛生士という言葉は日本では馴染みが薄いかもしれません。それはまるで日本人が床屋や美容院に定期的に行くような感じです。

この記事をご覧になって、予防の大切さをご理解いただけましたでしょうか。当院では年をとっても自分の歯で食事できるようにすることを目標とし、自分の歯を残せるように歯科衛生士が患者様と二人三脚で歯を守るために、歯磨き指導や歯石取りを行っています。横浜近辺でお住まいの方、当院へ予防をしにいらしてみませんか?
前編はここまでで後編は次回に書きたいと思います。

関連記事

PageTop

  • LINE予約
  • 初診の方のWEB予約
  • 再来院の方のWEB予約