知覚過敏症|横浜市戸塚区内藤歯科。まずはインプラントを使わない方法をご提案します。

インプラント 横浜

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

知覚過敏症

@くさび状欠損

歯がしみる症状である知覚過敏症。
歯の外側が、写真のように削れている場合に起こります。
これを「くさび状欠損」といって、中高年の方によく見られ、肉眼でも確認できます。爪が引っかかります。
歯の裏側には、滅多に見られません。

浅い欠損もあれば、これよりもっと深い欠損もあります。

歯の中でも、ここは強度が弱い部分です。

以前は、歯ブラシのかけすぎなんて言われていました。
実は、歯ブラシとは、ほとんど関係ありません。

何十年もの咬合圧により、弱い部分がだんだん飛んでしまうのが、くさび状欠損の原因なのです。

睡眠時の歯ぎしりが、最大の原因です。
次に毎日の食事の時の咬合圧でしょう。

ですから、歯の使用期間の長い、中高年の方に見られるのです。

歯の一部がなくなってしまうのですから、内部が露出して、しみる症状になるわけです。

治療は、歯の欠損を隙間なく緊密に埋めることです。

chikakukabinsyou1拡大表示

<治療法>
@麻酔後、タービンで一層を削って、新しい面を出します。しっかりとエアーで乾燥させます。
Aレジンを隙間なく埋めていきます。
B接着剤でを塗り、エアーで薄く伸ばします。青色LEDで硬化させます。
D粘土状のレジンを埋めていきます。青色LEDで硬化させます。
Eレジンの余計なバリをとって、表面をツルツルにします。段差がないか確認し、あれば、研磨作業をします。

数日、しみるか様子を見てもらい、問題ないなら、治療終了となります。

chikakukabinsyou2拡大表示

A歯根露出

肉眼的には分かりづらい歯根露出による知覚過敏。
くさび状欠損のように、歯の一部が欠損するという症状ではなく、歯肉が上がってしまう症状です。
歯周病が原因で歯肉が上がってしまう場合もあれば、歯並びが原因で1本だけ上がってしまう場合もあります。

歯根露出は、裏側もしみます。

はっきりと見えやすい歯根露出なら、場所が分かりやすいのですが、症状の軽い歯根露出は、歯医者にも見つけるのが大変です。

どの歯がしみているのか、特定が難しい場合もあります。

chikakukabinsyou3拡大表示

chikakukabinsyou4

この写真は、本物の歯ですが、エナメル質の部分は、しみません。
歯根の部分がしみます。
歯根が少し出ると、しみる場合もありますが、あまりしみない場合もあります。

しみない場合は、患者さんは気がつきませんので、治療は必要ありませんが、しみる場合には、歯の場所を特定して治療をします。
<治療法>
初期の歯根露出に有効なのは、コーティング剤です。
コーティング剤は、歯根露出だけではなく、銀歯をつけた後に軽くしみる知覚過敏の治療にも使用します。
患部にコーティング剤を塗布して、光で硬化させます。
症状が強い場合には、これでは治らない場合もあります。
コーティング剤は、外をバリアするだけではなく、少し内部も浸透してバリアしてくれます。
そして、歯自体にも、しみるのを治す機能
がありますので、時間を稼ぐということにも意味はあります。

削らずに済むので、知覚過敏症の第一選択となります。

それでもしみる場合には、レジンでカバーをしたりします。

chikakukabinsyou5

chikakukabinsyou6

Q&A

Q1.「知覚過敏に!」と売られている歯磨き粉は効果があるのでしょうか。

A.あります。

歯根露出の初期症状くらいなら、シュミテクトで象牙細管をバリアする方法は効果があります。

PageTop