神奈川県横浜市戸塚区内藤歯科のHPです。深い虫歯の治療についての説明をします。インプラント以外の治療もお任せください。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

深い虫歯

深い虫歯とは

深い虫歯とは歯髄(しずい)に達した虫歯のことです。浅い虫歯は簡単な治療で終わるのですが、深い虫歯の治療は根治(こんち)をしなくてはいけないので治療の回数もかかれば、痛みなども出ることもありできれば避けたい治療です。
深い虫歯と大きな虫歯とはちょっと違います。大きく見えても歯髄に達していなければ浅い虫歯となり簡単な治療で済む場合もあれば、その逆もあります。

浅い虫歯

深い虫歯

一見、小さな虫歯でも


外から見るとほんの小さな穴に見えても、虫歯が歯の中で広がっている場合があります。このような場合は残念ですが神経を取らなくてはなりません。

小さな虫歯

歯髄炎

痛み

 歯髄炎とは細菌が歯髄に到達することにより強烈な痛みを伴う歯髄の炎症症状のことです。歯の痛みの中で最も強い痛みです。
 細菌が到達しても歯髄炎を起こさずゆっくりと歯髄が死んでいく場合もあれば、歯髄炎を引き起こし歯医者に行って歯髄を除去する場合もあります。
「虫歯かな?」と思ったら歯髄に到達する前に歯医者に行きましょう。1日でも早い方がいいです。

抜髄(ばつずい)

batuzui

根治(こんち)の初回を抜髄(ばつずい)と言います。抜髄とは歯髄(しずい)を取ることです。

歯医者で「神経を取りますよ。」という説明がありますが、神経だけ取ることは不可能ですから、もっと正確にいうと「歯髄をとりますよ。」ということになります。

batuzui2

歯髄は神経と血管の複合体です。写真のようにツルっと出てくる場合もあれば、バラバラになってちぎれて除去される場合もあります。

batuzui3

実際の歯髄です。

根治(こんち)

根管

歯髄を除去した後に歯にあいた穴を根管(こんかん)と言います。根管の壁には細菌がくっついているので、これを取り除かなくてはなりません。

ファイル

根治の主力がファイルというヤスリ付きの針のような治療器具です。太さや長さが色々あります。
このファイルで根管の壁を削り取っていきます。徐々に感染した状態から、無菌状態になっていきます。

そうは

根治は歯の一番先までしっかりと感染壁を取り除きます。根管長測定器という器具を使い歯の先は把握しているので、歯より向こうに差し込むことのないように慎重に進めていきます。

sikonn

根治中の歯は歯医者から見て、こんな感じで見えています。根管は入り口しか見えません。実際の口腔内ではさらに視界が悪いです。
根幹の直径も1mm程度しかないですから見にくいです。

そして10〜20mm程度長さがあります。

歯根2

手指感覚と根管長測定器を頼りに慎重に汚れを掻き出していきます。
よく煙突の掃除とか、耳かき掃除とかに例えられます。

洗浄

ファイルの物理的な清掃だけはなく、途中薬品による化学的な除菌も行います。

根治2

綿に薬品を染み込ませて、上に蓋をして密閉してお帰りいただきます。1週間に一度、この根治を繰り返していきます。根管壁の無菌化は2から5回くらいかかることが多いです。
歯医者は治療が長いと言われますが、この根治がその理由です。患者さんからすると「毎回同じことをして。」と思われてしまいますが、どうしても必要な行程になります。

根治2

数度の治療を経て、根管内が無菌状態になりました。中に細菌が入らないように根充(こんじゅう)をします。

根充(こんじゅう)

gatta

ガッタパーチャーです。これを根管に隙間ないように詰め込んでいきます。

大きなガッタパーチャーがメインポイントと言います。小さなガッタパーチャーがアクセサリーポイントと言います。

gatta2

根管の長さは、ファイルと根管長測定器で測っておきます。15mmくらいが多いです。根管に適合する太さのメインポイントを選択し、長さも折っておきます。

シーラー

シーラーという隙間を埋める材料を同時に使用します。

シーラー

ガッタパーチャーにシーラーをつけておきます。これで準備が完了です。

根充

根充開始です。まずはメインポイントを根の先までしっかりと差し入れます。

根充2

メインポイントだけでは隙間があいてしまうので、アクセサリーポイントにシーラーをつけて隙間を埋めていきます。隙間に数本のアクセサリーポイントを入れます。

根充3

圧力をかけて隙間を潰しながら、さらにアクセサリーポイントを詰めていきます。
詰め終わったら、上の余分なガッタパーチャーは加熱した器具で焼き切ります。

根充4

根充終了です。
ガッタパーチャーという材料を隙間なく詰めることにより、細菌を侵入を防ぎます。根の先端まできっちりと詰まっていることが大切です。

根充レントゲン

左の写真が根充前です。右の写真が根充後です。

根充した後、根の先端までガッタパーチャーが詰まっているかをレントゲンで確認します。ガッタパーチャーにはレントゲンで白く映る造影剤が入っています。(人体には無害です。)

そのため、レントゲンを撮影した時に、根充を終えた歯はガッタパーチャーの白いラインが入るので、歯髄が残っている歯かどうかすぐにわかります。

歯冠形態修復

PageTop