横浜市戸塚区内藤歯科。まずはインプラント以外の方法を考えます。実例集@です。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

インプラント以外の方法 実例集@

インプラント相談@ 何もしなかった例

pano1

千葉県よりインプラント相談にいらしゃった60歳代の男性です。右上のクラウンが外れたので最寄駅の歯医者に行ったら「右上6は抜歯しないといけない。他にもあと3本抜いて、合計5本インプラントを入れなくてはいけない。早くしないと歯が動いてきてインプラントを入れられなくなる。」と言われた。治療費も300万円くらいするとのことで、横浜の知り合いでインプラントをした知人に相談し、当院を紹介され来院されました。

破折

確かに右上6はバラバラになっていてレントゲンで見ても歯が3つくらいに割れているので抜歯か放置かしかありえないと思いました。抜歯をすると右上67欠損になりますが、右上7は15年以上なくても何ともなかったとのことなので、7にインプラントを入れる必要はないと説明をしました。
そして他の歯を診察したところ、特に抜歯をする必要がないと判断しました。
右下6はレントゲンで破折が確認されましたが、痛みや腫れがなく、噛み合わせもないので、抜歯の必要がないと判断しました。

CT

CTを撮影して、右上6の部分の骨の厚みを測定したところ厚みが4mmしかなかったため、10mmのインプラントを入れることができないと説明しました。右上6はインプラントを入れることができなければ、入れ歯も嫌なので、そうすると抜歯をする意味もないことになります。抜歯はどうするかしばらく考えたいとのことでしたので、当院でのインプラント相談の結果は、とりあえずは何もしないということで落ち着きました。現状で患者さんが痛いとか、困っていることがなかったので、この結論でよかったのではないかと思います。
「しかし他に3本抜くって言われてびっくりした。内藤歯科に相談に来てよかった。」とおしゃっていただきました。

インプラント相談A インプラントはやめてブリッジにした例

sasuga

右上2の差し歯が半年で4回とれて、東京の会社の近くの歯医者でつけていましたが、いよいよ抜歯かと覚悟を決め当院にインプラント相談にいらっしゃいました。
右上2の歯根には破折線が見られました。しかし、ヒビが浅いところを走っている場合もう一度差し歯ができますので、すぐに抜くことは考えずに残せるかどうか、精査しました。

デンタル

レントゲンを照射角度を変えて3枚撮影したところ、どのレントゲンにも歯が2つに割れている像が見えましたので、患者さんに残すことができないと説明し抜歯の同意を得ました。
そこをインプラントにすることを希望されていらっしゃったのでCTも撮影したところ、破折したところから細菌が侵入していたため、骨の一部が融解してしまっていることが判明しました。

抜歯か

抜歯をした後、その抜いた穴を良く見せていただいたところ、破折線の周囲骨が融解していたことが、肉眼でも確認ができましたので、すぐにインプラントは打つべきではなく半年待ちましょうと説明いたしました。すると半年後に海外の出張が多くなり通院は困難とのことでした。

破折

抜歯をしてみるとやはり、竹を割ったように歯が割れていました。レントゲン像でイメージできたひび割れと実際のひびが一致していたので抜いて正解でした。このような深いひびはどう治療しても治せません。

pano1

そこで3番の天然歯を削ることになるがブリッジはどうか提案いたしました。1番はもう10年くらい前にクラウンを入れてあるので問題にはなりませんでした。しかし患者さんは3番を削りたくないと迷われていました。そこで仮歯をつけて、しばらく考えてくださいというところでその日の診療は終了しました。
後日、電話をいただき、結局ブリッジにすることで意思が固まったと連絡がありました。抜いた穴が治る2ヶ月後ブリッジの型取りをするということで話はまとまりました。
「いろいろ迷いましたが、丁寧な対応をしていただいたので、希望したインプラント治療にならなかったけど納得できました。」とおっしゃっていただきました。
インプラントにしなかった他の実例はどのようなものがあったのか、ご覧ください。インプラント以外の方法 実例集Aもご覧ください。

院長

まずはインプラント以外の方法を考えてみましょう。


一般歯科の範囲でも、歯科医師によって診断、技術が異なります。インプラント以外のセカンドオピニオンでも構いませんので、一度ご相談にいらっしゃってみませんか?
その歯は本当にインプラントでなくてはダメなのでしょうか?

PageTop