横浜市戸塚区原宿内藤歯科です。抜歯後のドライソケットについて説明します。

インプラント 横浜

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

【ドライソケットについて】

ドライソケットとは

ドライソケットとは、抜歯した穴(抜歯窩[ばっしか])の骨が露出したままになり、骨に細菌感染が起きている状態で、
抜歯後、2〜3日後に強い痛みが出ることです。
その痛みは、歯医者からみても、とても辛いものです。
発症率は、下顎の親知らずを抜いた場合、大体5人に1人くらいです。完全に防ぎ切れるものではないのです。

通常、抜歯後は歯を抜いた穴に、血液が溜まってゼリー状に固まり(血餅[けっぺい])、そこに血管や細胞が新しくでき、傷口が治っていきます。
血餅は、皮膚でいいますと、かさぶたのようなものです。
しかし、この血餅がうまくできなかったり、剥がれてしまう場合、露出した骨の表面が感染を起こし、ドライソケットになります。

痛み止めを飲んでも効果があまりないほどの痛みが5日〜2週間、長い場合は、3週間ほど続き、日常生活に非常に支障をきたします。

ドライソケットの予防法

残念ながら、予防法は、確立されていません。
しかしながら、ドライソケットになる確率を下げることはできると思います。

カギとなるのは、「血餅」です。

血餅をどう作り、どう守るかを考えながら、過ごすことが大事です。

具体的な方法は、以下の通りです。

【抜歯当日】
・ガーゼをしっかり噛んでください。
・心拍数を上げないことです。
 (運動・飲酒・お風呂は避けてください。)
・強いうがいを避けてください。

【二日目以降】
・食事は、できるだけ抜歯した歯の反対側で噛んでください。
・食事は、水分量の多いものを食べてください。
・歯磨きは、抜歯した歯の反対側だけしてください。

これを1週間くらい続けてください。

内藤歯科のyoutube動画もご覧ください

PageTop