部分入れ歯よりもインプラントにする利点|

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

FAQ

部分入れ歯よりもインプラントにする利点は

急に奥歯が痛んでかかりつけの歯医者さんに行くと、抜歯するしか痛みを抑える方法がないということで、その場で歯を抜かれてしまいました。
奥歯にはその前からブリッジを入れていて、その分がまとめて歯なしの状態となってしまいました。
実は前から今度奥歯が痛んだら、入れ歯かインプラントになる可能性が高いことは告げられていて、仕事が忙しくて定期検診の案内も無視していたので、今さらですがかなり後悔しています。
部分入れ歯とはいえ、入れ歯には抵抗があって、インプラントの場合は1本50〜60万円するということで悩んで、横浜で安くインプラント治療が受けられる歯科医院を調べてそちらを見つけましたが、費用以外で部分入れ歯よりもインプラントにした方がいい利点はありますか?

answer

健康な歯にダメージを与えないのが大きな利点です

奥歯の状態にもよりますが、部分入れ歯にする場合は失った部分の両側の歯を使用して固定するため、長く使用していることで、健康な歯にもダメージを与えることになります。
その点インプラントにする場合は、周りの歯には影響を与えることはないので、それが大きな利点です。
またインプラント治療では、失った歯の本数分の費用がかかると思われて来院される方も多いですが、インプラントブリッジで費用を抑えることもできますので、詳しいことはご来院時に状態を診た上でご説明させていただきます。

PageTop