インプラントとは?素朴な疑問にお答えします。患者さんは横浜歯友会のこのページをご一読ください。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

インプラントとは?

インプラント = 人工歯根

インプラントは歯を失った場合に骨に埋め込むチタン製の人工歯根のことです。インプラントの上に人工歯(上部構造ともいう)をつけて歯に見立てる治療法です。ですから通常インプラントは患者さんには見えません。
天然の歯も歯冠という歯の上半分の部分と歯根という、歯の下半分の部分に分かれます。歯根は歯根膜という靭帯で骨としっかりとくっついているため硬い食べ物を噛むことができるのです。
その構造はインプラントも一緒でインプラントは骨に埋めて固定してしまいます。歯根膜のような靭帯はありませんので骨と直接結合することによって固定を得ます。その上に人工歯を作り、インプラントに機械的に強固に固定します。

インプラントと天然歯

インプラントの語源

 im=inは中にという意味で、plant=植物などを植えるという意味ですが、implantとは2つを合わせた造語です。インプラントとは体内に埋め込む医療機器や材料の総称です。心臓のペースメーカー、人工関節、美容成形の目的で体内に埋め込むシリコン材料等は、いずれもインプラントです。歯が無くなった場合に、顎骨に埋め込む人工歯根もインプラントの一つであり、正確には歯科インプラント(デンタルインプラント)と呼称されます。しかし一般的には、歯科インプラントの意味で「インプラント」という言葉が用いられることが多いので、以下インプラントという言葉を使用します。

現代インプラントの父

1952年スウェーデンのルンド大学で研究を行っていた若き日の整形外科医ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授によって、チタンが骨と結合すること(オッセオインテグレーション)が偶然発見されました。当時、ウサギのスネの骨にチタン製の生態顕微鏡をとりつけて微小循環の観察実験を行っていました。研究期間が終わり、高価な器具のため回収しようとした際、はずれなくなってしまうトラブルに見舞われます。しかしこれによりチタンと骨は拒否反応を起こさずくっつくのではとオッセオインテグレーションの仮説を思いついた瞬間でもありました。歯への臨床応用を考えたブローネマルク教授は、動物実験を経て1962年から人間に本格的にインプラント治療を行うようになりました。最初の患者は先天性歯牙欠損に悩むヨスタ・ラーソンという名前の34歳の男性で、彼は上下顎にデンタルインプラントを埋入し、その後彼がなくなる41年間問題なく機能しました。

ブローネマルク教授

ただ、ブローネマルク教授が歯科医師ではなかった事などがあり、批判的な立場の歯科医師も多く長い間、普及には至りませんでした。大きなターニングポイントとなったのは1982年のトロント会議です。そこで予後15年の症例が報告され、一大センセーショナルを巻き起こし、世界中で普及が始まりました。現在ではインプラントの父として、歯科医師で彼の名前を知らないものはいません。

これ以降、デンタルインプラントの形態は棒状であり、歯に似た形態が常識となりました。現在見慣れているインプラントの形も定まってきたのはまだ歴史的に見れば浅いと言えます。現在棒状形態以外のインプラントはないと言っても過言ではなくなりました。

ブレードタイプ 棒状(ルートフォーム)

インプラントのメリット

噛みしめることができる。硬いものでも自分の歯のように噛むことができる。
異物感がないため快適である。
取り外しの煩わしさがない。
見た目がきれい。

インプラントのデメリット

手術が必要。
費用が高額。
治療期間が最低4ヶ月かかる。
インプラント周囲炎になると大変。
骨が少ない方、全身疾患のある方はできない場合がある。

ストローマン社製のインプラント

ストローマン社

一般の方は馴染みがないと思いますが、インプラント業界世界No1の会社です。本社をスイスのバーゼルに置く、インプラント歯科、修復歯科 および口腔組織再生におけるトップ企業です。
50年にわたる研究開発と充実した検査体制のもと、グローバルで活動する非営利学術組織とのパートナーシップにより、学術的に裏付けのある製品を提供しています。
世界で500万人以上の患者さんがストローマンインプラントによる治療を受け、世界のインプラント市場でナンバー1のシェアを持つインプラントメーカーです。

ストローマンインプラント ボーンレベル

ストローマンインプラント ティッシュレベル

ストローマン社製のインプラントは患者さんの歯肉や骨の状況に対応するため数種類の異なる形体のインプラントを製造しています。当院では上の図のどちらかを選択して使用しています。右はボーンレベルと言って骨の中に全て埋めてしまうタイプのインプラントです。左はティッシュレベルと言って、カラーの部分は骨の上に出すタイプでストローマン社特有の形体です。ストローマン社といえばこのティッシュレベルが歯医者の間では有名で、ティッシュレベルのカラーの形体が自分の考えと合わないと考える歯医者はストローマン社を使いませんでした。
そんな中、他社のインプラントがインプラント周囲炎をよく起こし、インプラントトラブルが社会問題になりました。
非常にインプラント周囲炎になりにくいという実績が歯医者の中で評判になり、多くの歯医者が他のメーカーからストローマン社に流れてきました。

インプラント表面

上の写真はストローマンインプラント表面の顕微鏡写真です。
ストローマン社に限らずインプラントはチタンでできています。ただメーカーによってチタン表面(骨とくっつく部分)に違いがあります。
チタンの表面処理は骨と直接結合するのでインプラントの命の部分です。
チタンの表面をザラザラにして酸処理する独特の加工をしています。この加工をSLAと呼んでいます。
ストローマンのSLA® サーフェイスは1998年に発売され、インプラント治療における代表的ラフサーフェイスの1つとなりました。SLA® サーフェイスは、チタン表面上にサンドブラスト加工を施すことによりマクロラフネスを与え、その後、酸エッチングによってマイクロラフネスが付加されます。得られた2つの異なる大きさのラフネスによって細胞接着に適した構造となります。

PageTop