横浜市戸塚区内藤歯科のインプラントHPです。インプラントの大きなブリッジの症例も経験豊富です。

インプラント 横浜

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

【大きなブリッジ】

1)大きなブリッジのわかりやすい説明動画

上の動画だけで概要がご理解いただけます。
上または下の歯が全くない方が、14歯の大きな一塊のブリッジを6本のインプラントで支えようという考え方です。ストローマンインプラント6本でブリッジした場合、長期的に安定することがわかっています。
インプラントブリッジの最も大きなタイプです。
  • all on 6 1
  • all on 6 2
  • all on 6 3

2)大きなブリッジの模型(当院作成例)

  • フルブリッジ1
  • フルブリッジ2
6本のインプラントで14本の歯を支える大きなブリッジの模型です。歯肉付きの人工歯も製作できますが、食べ物が乗りやすくなりますので、使用感は歯肉がない人工歯の方がいいと思います。症例に応じて使い分けています。

3)3ピースブリッジタイプ

  • 3 ブリッジ
  • 3 ブリッジ2
無歯顎のインプラントで3ピースに分けたブリッジです。インプラントを6〜7本打って、3つのブリッジを入れるタイプです。
大きなブリッジか3ピースブリッジかは患者さんによって使い分けています。
私は骨が豊富で6箇所の配置のバランスよくインプラントが打てる方なら3ピースブリッジをお勧めしています。6箇所のインプラントの配置バランスが悪い場合には大きなブリッジがお勧めです。
どちらが良いとかではありませんが、大きなブリッジは正中に力が異常にかかりますので、3ピースブリッジに比べ多少厚く作って強度を上げなくてはいけない事情があり、舌感の観点で言うと3ピースブリッジの方がいいです。

PageTop