切開や剥離のないフラップレス手術を基本としております。手術手順も少ないので早く終わります。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

フラップレス手術(切らない手術)

 切らない手術である、フラップレス手術について説明します。CT診断の結果、骨幅がインプラントの大きさに比べ十分にあること、ドリルの進行方向に対し平らな面をもつ骨の場合に適応となる技法です。歯肉を切って骨を見なくても、外れようがない骨が十分にあるという場合なので高度な技というより、むしろ診断さえきちんとついていれば易しい手術と言えます。患者さんの術後の回復が早く、痛みにくく、手術の時間も短いため、骨の豊富な方はできるだけこの方法で手術をします。当院では70~80%くらいの方に適応していますので、特殊な手術と考えてはおりません。前歯は骨が薄い場合が多いのでどちらかといえば奥歯向きと言えるでしょう。下の奥歯にはインプラントをよく打ちますが、ほとんどフラップレス手術でやってしまいますし、あっけなく終わるので患者さんの驚かれる方が多い印象です。

診断@

2本で10分くらいの手術です。(血もあまりでませんし、痛みもありません。)

フラップレス手術とは高度なテクニックではありません。

フラップレス手術は歯科医師の腕ではなく、患者さんの骨が豊富かどうかで手術をするかどうかが決まります。よって手術が始まってしまえば、通常の手術よりも手順も少ないため歯科医師にとってもむしろ簡単な手術となります。
しかし、術前の診査と豊富なインプラント手術の経験が必要だとは思います。実際には歯肉の下にある骨を正確にイメージしなくてはいけませんのでCTを見て、ボーンサウンディングをして骨の形体を想像するわけです。
CTには歯肉の厚みも薄く写ります。歯肉の厚みは2mmなのか2.5mmなのか3mmなのかきちんと測定してから手術に臨み、手術器具についたメジャーで計測しながら行います。
隣の角度も手がかりにしなくてはいけませんし、ドリルで削りながら骨に囲まれているかを4mmの穴から確認しながら行うわけです。

フラップレス手術の手順

@診断の結果、骨量十分でかつ平らな骨面であるため、フラップレス手術が適応されるという事前の診断がついている場合。

まずは局所麻酔を効かせます。

フラップレス@

A針で目印をつけます。

 ちなみにこの時、ボーンサウンディングをします。これは針を歯肉に何箇所か刺し入れて骨の範囲を探り、CT画像のイメージと一致するか確認することです。
 ここから、ここまでは骨があるというイメージをつけるわけです。この手術は実際には一切骨を見ることはありませんのでイメージが全てになります。
ですから1mm程度ずれたところにインプラントを打っても問題がないような豊富な骨のところにうつ必要があります。

フラップレスA

Bそのまま、まっすぐドリリングして穴をあけます。

 
麻酔をしているので、痛くありません。

フラップレスB

C2〜3回ドリリングしてインプラントが入る適度な大きさの穴にします。

多少出血はしますが、歯を抜くよりでないと思います。歯肉は皮膚と違って血液量が豊富ではありませんし、麻酔がかかっている間は血管は収縮していて血液量がかなり少ない状態ですので安心してください。

フラップレスC

Dインプラントを埋入(まいにゅう)します。

もちろん痛みを感じることはありません。

フラップレスD

E骨面とインプラントの上面が一致して止まります。

歯肉からは2~3mm下に入った感じになります。

フラップレスE

Fキャップをします。

キャップの目的は3ヶ月の間、歯肉がせっかく開けた穴を埋めてしまわないよう防ぐためです。
ただし、インプラントはこの時点では骨と結合しているわけではないので、思い切りキャップを閉められるわけではありません。

インプラントにキャップを閉める

Gこれで終わります。

 手術時間は1本なら5分程度で終わります。腫れにくく痛みにくい手技の為、当院ではよくやります。

術後も楽ですよ。
切らない為、縫合もしないので、抜糸もしません。
通院回数も2回ほど削減できますし、可能な限りこのフラップレス手術で行いたいと思います。

 

フラップレスG

フラップレスオペができない場合

フラップレス2

骨幅は10×10mm 長さが15mm程度の骨量があれば、安全にフラップレス手術ができますが、ないければ歯肉を切って骨を直接見ながらドリルで穴を開けるべきだと思います。

奥歯は比較的この基準を満たすことが多いです。中には幅が20mmを超える方もいらっしゃってインプラント中心がたとえ1mmずれても全く問題ないなんて場合も多いわけです。

しかし、前歯は(特に下顎)支えている骨幅が小さい場合が結構ありますので7mm以下の場合はインプラント手術はできませんし、7~10mmの場合は歯肉を切って手術をしますし、10mm以上はフラップレス手術といった基準となります。

上記のような基準ですのでフラップレス手術の適応は奥歯に多くなるわけです。奥歯の定義は真ん中から歯を数えて123番までが前歯と言われます。4567番が奥歯と言われる歯になりますので、参考にご自身のインプラントを入れた歯の位置を数えて見てください。

PageTop