神奈川県の横浜歯友会内藤歯科のインプラント手術は、痛みが非常に少なくてすみます。術後、好評いただいています。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

インプラント 痛み

インプラント1本の手術は、1本の抜歯とあまり変わらない痛みです。

ハリカイン

1)麻酔の痛み


まずは、塗り麻酔をします。ハリカインという表面麻酔薬を綿球に塗って、局所麻酔の針を刺す予定の部分に3分ほど置いておきます。おく前にエアーでしっかり乾燥させてからおくと表面麻酔はよく効きます。この時点で粘膜と骨の一部まで麻酔の効力があります。

shinma

そこに注射で麻酔液を流し込む浸潤麻酔をするわけですが、ここでの痛みは注射針を差し入れるときのチクっとした痛みと麻酔液を入れるときの圧力による痛みとなります。注射針を差し入れるときのチクっとした痛みに対しては表面麻酔と一番細い針33G(ゲージ)をゆっくり入れることにより、ほとんど感じないと思います。麻酔液を入れるときの圧力による痛みに対しては、自動注入器を使用し、痛みを感じない圧力でゆっくり等速で注入することができます。
現在、インプラント手術以外の治療も当院では同様にやるのですが、麻酔が全然痛くなかったと言われることが多くなりました。多少時間はかかりますが、麻酔で痛いのは嫌ですからね。

ope

2)手術中の痛み

結論から申し上げると、手術中は全く痛みを感じません。確かに手術と聞くだけでも怖いものです。しかし、当院のインプラント治療はゆっくりやっても10分程度で終わるシンプルな手術が多いため、外科的なインパクトは抜歯とあまり変わらないと思っております。すなわち、麻酔がしっかりと効いている時は抜歯が痛くないのと同じで、インプラントの手術中は痛みはございません。歯の神経を取る治療の方が大変かと思います。

歯が痛い患者さんの図

3)手術後の痛み

麻酔の切れた後、術後の痛みや腫れはございます。程度は抜歯をした後と同レベルかやや強いレベルと思われます。
手術の翌日、患者さんにお伺いしていて当院で統計(500人程度)を取っているのですが、それによると
麻酔が切れた後、痛くなかった…40%
麻酔が切れた後、少し痛かったが、痛み止めを飲むほどではなかった…20%
麻酔が切れた後、痛くて痛み止めを飲んで落ち着いた…30%
麻酔が切れた後、痛くて痛み止めを飲んだが、痛み止めがなかなか効かなかった…10%

また、腫れについても統計を取っております。
手術の翌日、腫れは全くない…70%
手術の翌日、なんとなく腫れている感じはあるが、見た目にはわからない…10%
手術の翌日、腫れているのが見た目にもわかる…20%

腫れについては上顎より下顎の手術の方が3倍ほど多く発現します。これは上顎より下顎の方が骨が固いことと、顎のラインの膨らみを自覚しやすいためと思われます。腫れの多くは3日で消失します。
術後は痛み止めをお渡ししますので、飲んでいただくと楽になります。

PageTop