フィット感の良い人工歯を製作するために考案したトライ&コピー法で皆様の期待に答えます。横浜でインプラントなら。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

人工歯に対する考え方

口腔内へのフィット感を追求したトライ&コピー法の確立の経緯

試し歯(トライ)という新しい概念とジルコンツァーンによるコピーミリングという新しい技法の組み合わせ

kokei

型をとり、石膏模型上で歯科技工士の手腕により人工歯を完成させる。
小さな技工物を作るときには、問題はなく、効率的な技工法だ。
現代の世界中の歯科技工ではこの方法こそが常識であり、石膏模型は歯科技工の前提条件だ。

しかし、インプラントの人工歯になるとどうも、お口に馴染まないことが多い。
「あなた(歯医者)の取った型には合っているでしょう。あなたの型が悪いとしか考えられない。」と歯科技工士は思う、けど言えない。
「あんた(歯科技工士)の腕が悪いから。今度はぴったりのものを作れよ。」と歯医者は言う。私も歯医者だから、以前はこう思っていた。

上の写真綺麗でしょう。模型上で製作した人工歯です。でもこれ、口腔内に入れると、様々な問題が出ることが多いのです。
例えば、
●左下が全然左上と当たっていない
●頬肉を噛んでしまう
●歯の脇に食べ物が溜まってしまう。
●前歯の正中のラインが上と微妙にずれている
などなど、不具合の種類は100以上あるかと思われます。
つまり、模型上で目で眺めて綺麗だということと、口腔内に入れて完璧にフィットするということは違うということです。

模型法の問題は、型をとるときのずれの要素より、模型にすると 口腔内の情報が大部分が抜け落ちてしまうということにあると思う。

型をとるときのズレとは、例えば、
●印象材の伸縮、石膏が固まるときの膨張によるズレ
●弾力のある歯肉の型は正確に採得できないし、硬い石膏では表現ができない。
などまだ、いくつか考えられるが、ここは大した問題ではないと考えています。

では口腔内の情報が抜けるということについて例えをあげると

●食事中に、頬や舌を巻き込むんで噛んでしまうのかどうかの判断には、頬の粘膜と舌の運動の情報が必要。
●食事中に、人工歯のどこに食べ物が停滞し、つまるのかという判断には、食べ物を咀嚼する運動と粘膜の複雑な運動の情報が必要。
●前歯の出具合や、歯列全体が顔に対して平行性かどうかを見るには、唇や目鼻がどこについているかの情報が必要。
●上下の歯の正中のラインが一致しているかは、噛み合わせの正しい情報が必要。
●噛んでいて違和感がないかどうかは、顎関節や筋肉の複雑な動きの情報が必要。

まあ、あげるとキリがありません。

インプラントの人工歯の完全なフィット感を求めるにはこのような歯型以外の多くの情報が必要になります。

では、どうやって微妙な多くの情報を正確に集めたらいいでしょうか?

試し歯(トライ)という新しい概念の考案

複雑な情報を正確に集めるために私が考案した方法は単純かつ、直接的です。
プラスチックで試し歯(トライ)を作り患者さんの口腔内で形体を完成すればいいのでは?

患者さんの口腔内に試し歯(トライ)を入れて、食事や睡眠、運動など日常生活してもらい、見た目も家族に聞いたり自分で鏡を見たりできるわけで、そこで不具合を聞いたらいいじゃないか!不具合があったらトライの形体を微調整して、不具合がなくなるまで微調整を繰り返せば必要な情報が全て採得できるはず!そして完成したトライをジルコニアに精密に立体コピーミリングできれば、完璧な形体のジルコニア人工歯ができるはず!と閃いたわけです。
例えば、ちょっとした膨らみが頬を噛むなら少し削ってへこませる。また使ってもらってまだ噛むなら、もう少し削って見る。とか
食べ物が乗ってしまう場合は、人工歯の歯肉の微妙な角度を変えて、流れやくして見る。とか・・
患者さんと一緒に試行錯誤をして、複雑な情報を人工歯に刻んでいこうという発想です。

で、数回通って抱くと
「この歯はすごく調子がいいよ。」って患者さんがおっしゃっていたけたら完成でいいと思います。
そして、これをOKトライと呼ぼう。

OKトライいただきました。

あとはこのOKトライを、ジルコンツァーンでコピーミリングすればいいだけです。

PageTop