横浜市戸塚区内藤歯科。よりフィット感を上げるため改良した人工歯製作法Try&Copy法の説明。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

Try&Copy法

try

Try(Trial teeth=試し歯)
トライ(試し歯)はプラスチックで作った人工歯です。この人工歯を患者さんのインプラントに装着し、実際に数日間使用していただきます。数日後、使いにくかったところを伺い、形態修正をします。これを数回行うと、口腔内に完全に馴染んだ形態になります。これをOKトライと呼んでいます。OKトライに詰まった形態の情報は、模型上またはコンピューター上では決して再現することができません。

copy

Copy(copy milling)
OKトライをそのまま精密にコピーミリングしてジルコニアに形態を転写します。ジルコンツァーン社のジルコグラフという機械を使用しています。

トライ(試し歯)という発想

torai

ジルコンツァーン社のジルコグラフの加工技術を初めて見たときは衝撃を受けました。モックアップ(レジンで製作した人工歯)を精密にコピーしてジルコニアに変換できるなんて、それまでの技工技術にはなかったからです。

そしてすぐに、長年治療の際に感じていた「不都合な解決できないと思っていた問題」が解決できるのではないかと直感しました。

その問題とは「自分が作ったこの仮歯の形をこのままコピーしてセラミックスにできたらなぁ。」と思っていたことでした。

説明

患者さんの前歯の仮歯を外して、技工士が作ってきたセラミックスをセットしようと思ったら、自分の作った仮歯の方がよほどうまくて、「これじゃぁセットできない作り直しだ。」なんて経験を何度もしてきました。

また、セットした奥歯の人工歯が患者さん自身の舌や頬粘膜を噛んだり、発音に障害があったりしたトラブルも経験してきました。

患者さんも出直し、私も患者さんに謝り、技工士もやり直し・・・。誰にとっても得のない工程に、ストレスを感じていました。

mokei

石膏模型では、それより外の情報がありません。具体的には舌、頬、唇の可動範囲、顎関節の複雑な動き、顔の正中、食べ物の流れなどです。

多数歯欠損になるとこれらの情報がないと適合の悪い技工物になります。

しかし、これらは型取りから石膏模型という手段では決して情報が収集できません。

もっと生産効率の高い方法はないだろうか?と常々思っていました。

「そうだ、試し歯をプラスチックで作って、患者さんに日常生活で使ってもらい、使いにくいところを教えてもらおう。」

torai

仮歯ではなく、試し歯(トライ)の発想の誕生です。
ジルコグラフでコピーできることが前提の発想です。
ジルコグラフ製作法の改良法でもあります。
トライつけて生活してもらうと、私も予想しない不都合が出てきたりします。しかし、プラスチックなので容易に形態修正ができます。
この形態修正を繰り返すうちに、患者さんにとって完全に適合の良いトライになります。

私はこれをOKトライと呼んでいます。

jiruk

このOKトライの形態には、舌や頬粘膜を噛まないこと、顎関節の複雑な動き、発音への影響、食べ物の流れなど従来の製作法では決して収集できなかった情報が含まれていることになるわけです。

あとは、OKトライをジルコグラフでコピーミリングすれば良いわけです。
こうしてTry&Copy法でできた技工物は適合が完璧です。
セットも取り付けるだけです。
ほとんど調整も必要ありません。
だって、トライで調整済んでますから。

set

Try&Copy法をやりはじめて気がついたことは、適合の良い技工物は取り付けるだけで良いということです。
調整が必要ということは、適合が悪いということです。

再製などは1%ありません。

これ以上、精度の高い方法は今のところ思いつきません。

PageTop