インプラントの仮歯をできるだけ早くつけたい方へ。横浜でインプラント治療なら、内藤歯科へ来てください。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

仮歯

意外に思うかもしれませんが、仮歯は結構難しいです。
特に大きな欠損になると、歯科医師の柔軟な発想と手先の器用さが試されます。
まさに、ケースバイケースです。ご相談ください。

仮歯について

「先生、歯を抜いてすぐ仮歯を入れてくれますよね?インプラントの人工歯が入るまで3ヶ月時間のかかるのはわかりました。でも私、仕事の関係上、歯がないのはまずいんです。」
このような質問はインプラントをご検討される方からよくお受けします。患者さんからすると仮歯は簡単に入るものだという認識があるようです。

現実は簡単な場合もあれば、すぐに入れるのは難しい場合もあります。
ケースバイケースで一概に言えない場合が多いです。仮歯の隣の歯が天然の歯か、セラミックスの歯か、銀歯か、によっても作り方が違ってきますし、グラグラしている歯か、上と下との隙間が多いか少ないかにもよります。様々な要素が複合的に絡み合うので歯科医師の臨機応変なアイデアが要求される場合が多く、実際に口腔内をみてみないとわからないといったところです。

仮歯は入れてほしいという希望がなければ原則入れません。それは仮歯がまだ骨にくっついていないインプラントを揺らしてしまう場合が少しですが、想定されるからです。「見えないところだから、仮歯はいらないよ。」という場合もあれば、「前歯だけど、今までずっとなかったんだから、3ヶ月くらい見た目も気にならないよ。」なんていう場合もあれば、「3週間後の同窓会だけあればいいよ。」なんて場合もあります。

しかし、インプラントを触るリスクは少しあるかもしれないが、仮歯は絶対に欲しいという方も大勢いらっしゃいますので少しご説明したいと思います。

仮歯にもいくつかパターンがあります。基本的にはどこかの歯につかまらなくてはいけないわけで、いい加減にやると数日でとれてしまうということになります。

@前歯1〜2本の小数歯欠損症例です。隣の歯に仮歯が簡単に接着できる場合です。難しいのが隣の歯がセラミックスの場合、接着剤がとれやすいということです。
A隣の歯も一緒に直すというケースもありまして、その場合は隣の歯と一緒に仮歯を作ってしまうというのも一手です。
B前歯3〜6本の欠損症例です。接着する場合と、入れ歯を作って対応する場合があります。
C元々入っていた入れ歯を改良して仮歯にする方法。
D大欠損症例は基本的に入れ歯を一から作らねばなりません。その場合は制作に2週間くらいかかることもあります。その間は仮歯がありません。
E仮歯用の仮インプラントを入れてしまう方法。

まあ、仮歯は同じ症例はございません。より良いと思われる方法を提案いたしますので、一緒に考えましょう。

PageTop