インプラント治療期間の目安は最低3ヶ月半は見てください。着実な治療を地道に行っております。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

インプラントの治療期間と流れ

大まかな流れ

スムーズにいって3か月半の治療期間で7〜8回の治療回数です。

(1回目)
インプラント相談、契約
CT撮影をして計画、お見積もり。よろしければ契約をします。
(2回目)
ope
全額お支払いをope前までに済ませていただきます。
(3回目)
消毒
(opeの翌日)
5分くらいで終わります。
(4回目)
抜糸
(opeから3週間後)
5分くらいで終わります。
(5回目)
定着確認
(opeから3か月後)
インプラントの定着検査をします。合格なら人工歯製作へ。
(6回目)
人工歯製作
(opeから3か月後)
1時間(1本症例)〜3時間(14本症例)
(7回目)
人工歯set
(opeから3か月半後)
これで終了です。あとは半年検診の流れになります。
以上の表はあくまでも目安です。症例が大きくなれば回数もかかりますし、時間もかかります。(骨が少なく半年待ったり、仮歯を作ったり、定着しなかったり、人工歯の形がなかなかしっくりこなかったりなど・・様々な理由で期間が延びることがあります。)
まず治療に要する期間ですが
A)骨が十分にある場合
手術から人工歯本止めまで、通常の単純な症例で2ヶ月半程度かかります。少し骨が軟らかい場合3ヶ月とか4ヶ月かかる場合もあります。
B)これから歯を抜いてそこにインプラントを入れたい場合
即時埋入 抜歯した後の穴が小さい場合は抜歯してすぐにインプラントの埋入手術ができます。この場合は3ヶ月程度かかります。
待時埋入 骨吸収が大きくすぐには手術ができない場合は6ヶ月待って、骨ができてから手術という場合もあります。この場合は10ヶ月とか1年近くかかる場合もあります。

期間は状況により様々なので一概には言えませんのでご相談ください。

1)インプラント相談

インプラント相談は以下の6項目について行い相談は無料で行っております。セカンドオピニオンでもお気軽にいらっしゃってください。インプラントの良い点ばかりでなく、リスクもきちんと説明します。
まずはじめにご挨拶から、そして患者さんのお話をゆっくりお伺いします。

相談

1)問診

まずはお話をゆっくり伺います。ここにいらっしゃった経緯、ご希望の治療ビジョン、社会的な予定、通院環境など。

口腔内審査

2)お口の中の審査

口腔内を直接、診察します。歯の揺れや歯ぐきの腫れ、治療の状況などを判断します。

健康診断の紙

3)持病をお持ちのかたは健康診断の表をお持ちいただく

インプラントができるかどうか、持病をお持ちの方は健康診断の結果表やお薬手帳をお持ちください。

panorama

4)パノラマレントゲン

2次元のレントゲンを撮影します。大まかに口腔内を把握するのに使います。

CT

5)CTレントゲン

3次元のレントゲンを撮影します。インプラント埋入予定位置の骨量を立体的に表示し、ストローマンインプラントを入れた時のシュミレーションをします。

相談

6)治療計画、見積もり、治療期間

ここで半分の方はインプラントをしません。他の治療法の計画をお話します。残りの半分の方にはインプラントのお話をします。見積もりや治療期間、回数、インプラントのリスクの説明をします。

2)患者さんの意思決定、契約書記入

契約

数日、ゆっくりお考えください。インプラントをするご意思が固まりましたら、契約書にサインをしてください。

手術日を予約してください。治療費の入金は手術前までになります。

3)手術

手術

詳しくは手術のページへ。
手術(通常)
フラップレス手術(切らない手術)動画もご覧ください。

4)消毒

消毒

翌日においでいただいて、経過を見るのと消毒をいたします。
小さい症例は消毒は省略しております。

5)抜糸

抜糸

手術から3週間後、抜糸をします。5分程度で済みます。痛くはありません。
フラップレス手術の方は縫合をしませんので抜糸もありません。

この先2ヶ月は来院はありません。

6)インテグレーションの確認

インテ1

手術から3ヶ月後、インテグレーション(インプラントと骨が結合すること)が十分かどうか判断します。実は歯科医にとって一番緊張する最も大切な瞬間です。まずピンセットで触ってみると、この時30本中1本は骨との結合不良により、明らかにぐらぐらしており、残念ながら撤去となります。撤去となった場合は、3〜5ヶ月待っていただき再度埋入手術となります。
ぐらぐらしていなければ、本当にしっかりくっついているか、当院ではオステルという機械を使って診断していきます。

インテ2

オステル(スウェーデン製)
磁気パルスでインテグレーションを数値測定する最も有名な機器です。直接インプラントに検査器具を接触させないため、余分な衝撃を与えません。
インテグレーションはインプラント治療の要です。従来のように、レントゲンや歯科医の勘と経験に頼るだけではなく、デジタルデータも参考にします。

7)試し歯(トライ)作成、日常生活で使っていただく

torai

試し歯(トライ)を口腔内にねじ止めして、使いにくいところを指摘してもいます。
詳しくはこちら

8)ジルコニア人工歯装着(治療終了)

set

ジルコニア人工歯をsetします。トライで合わせてあるので、ノータッチでsetができる精度になっています。
詳しくはこちら

9)メンテナンス

メンテナンス

半年に1度、インプラントの状況確認や噛み合わせの様子、骨の検査などを診察し、合わせてお口の中全体的にクリーニングをいたします。
クリーニングをしないと、インプラント周囲炎の確率が高まるため、インプラントの持ちが悪くなることがわかっています。
一回3,000円程度かかります。

PageTop