インプラント以外の方法とは、差し歯、ブリッジ、入れ歯の3つです。横浜歯友会が解説します。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

インプラント以外の方法

差し歯とは

さし歯とインプラントを間違える方は多くいらっしゃいます。例えば「昔、5本奥歯にインプラントを入れたのが、最近グラグラしてきてしまって・・。」とおっしゃる患者さんのレントゲンを撮るとさし歯だったりします。インプラントもさし歯”さす”というイメージでは一致していますが”さす場所”が違います。
1)さし歯をさす場所
下図のようにさし歯の”さす場所”とは歯の根です。歯根もしくは残根といいます。しかもその歯の根が割れていたり、ぐらぐらしていたらさせませんので、丈夫な歯根にしかさし歯は適応となりません。インプラントのさすところは顎の骨ですので、さし歯とはさすところが違います。インプラントもブリッジも入れ歯も歯があったらさすことはできません。いずれも歯がなくなった後の治療法です。
@歯根に穴をあけて

1

Aコアを入れていきます

2

B接着剤でくっつけて

C土台(支台歯)の完成

1-4

Dかぶせ物を接着剤でset

1-5

E完成

1-6

3-2

2)さし歯の構造
さし歯という技工物は正式な名称ではありません。しかし、クラウンだけがとれてくることよりも、歯根からコア+クラウンという形でとれてくることのほうが圧倒的に多いので、一般の方の目に触れるときは左図のような形であることが多いのです。
これをさし歯という俗称で呼びます。

コアとクラウンとの接着力は比較的強いのですが、歯根とコアとの接着力は弱い場合があり、また歯根が割れたりすると左図のような形態でとれてきます。

ちなみにとれてしまったさし歯は、歯根がしっかりとしていればまた接着剤で戻すことができますが、歯根が割れていたり折れている場合は抜歯となります。

ブリッジとは

ブリッジとは歯がなくなった後に、橋脚となる両サイドの歯を削り、連結したかぶせものをいれていく治療法のこと。普通1本とか2本欠損はブリッジで対応することが多いですが、欠損数が多くなると対応ができなくなります。
ブリッジとは英語で橋のこと。両端の橋脚で長い橋体を支えます。橋脚は頑丈でなくてはなりません。
hashi1
歯科治療のブリッジも同じく、両端の支台歯によって支えられます。支台歯は頑丈でなくてはなりません。
br4
ブリッジのメリット
インプラントと比較して 1)保険がきくので価格が安い。数千円〜1万円ぐらい。(自費治療は別)
2)治療期間が短い。1〜3週間程度。
3)手術がない。
入れ歯と比較して 1)固定されているので取り外しの必要がない。
2)異物感がない。
3)金属のバネ(クラスプ)が見えない。  
ブリッジのデメリット
インプラントと比較して 1)両サイドの歯を大きく削る。
2)欠損数が多くなるとできない。通常1〜2本の欠損。
3)保険でやると奥歯が銀歯になる。
4)両サイドの歯に負担がかかる。
入れ歯と比較して 1)両サイドの歯を大きく削る。
2)欠損数が多くなるとできない。通常1〜2本の欠損。
3)保険でやると奥歯が銀歯になる。
臼歯部のブリッジ
Br a1 Br a1 Br a3
前歯部のブリッジ
Br b1 Br b2 Br b3

入れ歯とは

入れ歯とは、欠損した歯を補うためにプラスチックや金属で作った人工歯や人工歯肉のことで、患者さん自身によって取り外しをする治療法のこと。
金属のバネ(専門用語でクラスプ)による維持力で他の歯に固定したり、入れ歯本体の吸着力で口腔内に維持される。普通、欠損歯数が多い場合に用いられることが多いが、1本欠損からでも対応は可能。簡単に作れるメリットはあるが、着脱をしなくてはいけないことと、装着時の異物感がデメリット。
入れ歯のメリット
インプラントと比較して 1)保険がきくので安い。数千円〜1万円。(自費治療は別)
2)治療期間が短い。1週間〜1カ月。
3)手術がない。
ブリッジと比較して 1)歯を削らない。
2)多数歯欠損でも対応できる。
入れ歯のデメリット
インプラントと比較して 1)装着時の異物感が強い。(異物感は人により大きく異なる。)
2)硬いものが噛みにくい。
3)取り外しをする煩わしさがある。
4)金属のバネ(クラスプ)が見える。
ブリッジと比較して 1)装着時の異物感が強い。
2)硬いものが噛みにくい。
3)取り外しをする煩わしさがある。
4)金属のバネ(クラスプ)が見える。
入れ歯のデメリット

例えば1本欠損の場合・・・

バネが目立ちますね。

4本欠損だとこんな感じです。

どんな欠損パターンにも対応できます。

もちろん歯が1本もない方にも。

で、どれがいいの?

インプラント、ブリッジ、入れ歯のように歯を抜いたあとの治療は全て欠損治療といいます。
欠損治療は結論から言えば、ケースバイケースで一概には言えるものではない為、直接歯科医院に行って、歯科医師と相談し一緒に検討されるのがよいと思います。時間があれば何件か回ってみてもよろしいかと思います。その際、よろしければ当院にもお越しいただければと思います。そういった中で信頼できる先生を見つけて納得がいく治療されるのが最も良いと思います。
 インプラント、ブリッジ、入れ歯、どれがいいかはその方の性格や社会的な都合などによって、または周囲の歯の状況などによっても変わってきます。理由はどの治療法もメリットとデメリットがあり、インプラントが一番良いとか短絡的には決められないからです。しばらくは何もしない事がベストな選択だったりもすることもありまます。

当院では「まずインプラントありき」の説明は決して致しません。むしろインプラントは極力避けて他に手がない場合の最終手段と位置付けています。それは手術があり、高額であり、将来的なトラブルのリスクがあるというデメリットがあるからです。そのようなデメリットよりもインプラントのメリットが大きいと思われるようならやるべきだと思いますが、そう思われないようならやらない方がいいと思います。インプラントは欠損治療法の1つにすぎないと考えています。その方にベストな方法をわかりやすく誠意をもって説明し、できればいくつか選択肢を示し、最後は患者さんが納得いく方法を選択する方針です。
 歯科医師の一方的で強引な治療計画の立案はいけませんし、患者さんが完全に主導権を握って自己診断をするのも専門知識がないため、良い選択ができるとは思えません。時間をかけて双方が話をして、患者さんが納得してから治療を開始するのがよいでしょう。

PageTop