横浜歯友会では、インプラントと人工歯の結合はスクリューリテインのみで行っております。接着剤は使用していません。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

スクリューリテイン

インプラントと人工歯の接続する方法には大きく2種類存在します。
1つ目はセメントリテインと言って、インプラントと人工歯を接着剤(セメント)でくっつけてしまう方法です。インプラントがではじめた当初はこの方法しかありませんでした。しかし、この方法には1度くっつけたらちょっとした不具合があっても人工歯を壊さない限り外せないということと、インプラントと人工歯の間に溜まった除去ができないセメントが残ってしまい炎症を起こしやすいというデメリットがありました。
そのようなデメリットを改善するために考案されたのが2番目のスクリューリテインです。セメントを一切使わず、スクリュー(ネジ)を締めることによってインプラントと人工歯をつなぐ方法です。メリットはちょっとした不具合・・例えば、噛み合わせがちょっと低かったとか、、食べ物が詰まりやすいとか、頬を噛んでしまうとか、あと1箇所ココさえ治れば・・なんてときに簡単に外して調整することができます。また、長い年月でインプラント周囲炎になったときに外して清掃することにより炎症の改善が容易にできると思います。もちろんセメントの残渣もないのでインプラント周囲炎も起こりにくいはずです。
デメリットとしては数年に1回ネジが緩んでしまうかもしれないということ、、これは締め直すだけなのであまり、大変なことではありません。もう一つは技工物の製作難度が上がるため、技工料が効果になってしまうということです。
セメントリテインの改良版がスクリューリテインで歯科業界的にはスクリューリテインの方が望ましいことは大多数の意見です。しかし、スクリューリテインをしている歯科医院も多いです。ネックはコストの問題です。早い話、スクリューリテインは費用がかかるので、未だにセメントリテインをやる歯科医院が多いというのが現状です。
当院では無論、スクリューリテインのみでインプラント治療を行なっております。当院の考案したトライ&コピー法ならネジ穴も完璧にコピーできますし、院長が人工歯を製作しますのでコストもかかりません。

PageTop