横浜市戸塚区内藤歯科のインプラントHPです。単独歯インプラントは1本:275,000円です。

インプラント 横浜

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

【単独歯(1本)のインプラント】

動画

上の動画だけで概要がご理解いただけます。

単独歯インプラントとは

単独歯

1本のインプラントに1本の人工歯を取り付けるインプラント構造のことです。
インプラント治療の最も基本となる構造です。
前後の歯が天然歯で削りたくない場合などにはお勧めです。

単独歯インプラント上部構造の内部

単独1

インプラントの上の部分は、専門的に上部構造と呼ばれ、人工歯とアバットメントから成り立っています。
上から順に
(1)スクリュー(ストローマン社製の既製品)
ストローマン社の純製のチタンスクリューです。細いですがネジ山が潰れたり、引きちぎれたりは起こりません。長期間口腔内の咬合圧に耐えうる大きくて丈夫なスクリューです。

(2)人工歯(ジルコニアでカスタムメイド)
形態は非常に精密に加工ができます。人の手作業では製作が不可能なレベルです。硬度も1200~1400MPaと金属レベルでセラミックスのように壊れたりは起こりません。色も50種類ぐらいから選択できるため、近い色は必ずあるはずです。艶もあり見た目もきれいです。

(3)アバットメント(ストローマン社製の既製品)
人工歯とインプラントを接続するための部品です。ストローマン社製のインプラントとアバットメントの組み合わせは顕微鏡レベルでもフィットに隙間がなく細菌が入ったり緩んだりすることはありません。インプラントは骨を全て、骨の中に入れるのが基本ですので、歯肉の貫通部分はインテグレーションの後に高床式に歯肉の上に持ち上げなくてはなりません。歯肉の厚みは人によって、または部分によって1mm、2mm、3mm、4mm、それ以上など結構違います。その厚みの異なる歯肉に対応するためにアバットメントも高さに種類があり、あらゆる歯肉の厚みに対応できるようになっています。

単独2

人工歯とアバットメントを強力なレジン系接着剤でくっつけます。適合は非常に精密で拡大鏡で確認しても隙間はありません。アバットメントは円柱上ではないので人工歯が回ってしまう心配はありません。長年使用すると回転する方向にも耐えうる形体が必要なわけです。

単独3

余剰の接着剤はこの時点で全て除去しておきます。人工歯とアバットメントが一体化した状態になりました。これを一塊の上部構造と考えてsetします。ジルコニア人工歯とアバットメントが使用していて取れてしまったトラブルはございません。

単独歯インプラントSet

一体化した上部構造を口腔内のインプラントに差し込みます。口腔内での適合も非常に良好です。両隣の歯とのコンタクトや対合との噛み合わせの高さも問題ありません。ただし両隣の歯には少しきつく感じると思いますが、数時間すると慣れてきます。これは食べ物がつまらないように歯と歯の適正な接触を与えると誰でも感じる違和感です。歯科医の感覚からすると、精巧な部品をとりつけているのような心地の良いフィット感があります。
  • 単独4
  • 単独5
  • 単独6
上部構造はインプラントに対してスクリューだけでsetされます。これをスクリューリテインといいます。当院ではH24年以降はすべてスクリューリテインで行っています。将来、インプラント周囲炎などが起こり、外して洗いたいと思った時に対応できるようにするためです。
ドライバーでスクリューを締めていきます。最終的にはレンチを使って、人間が締める力の3倍の力でインプラントに締め付けていきます。こうしておけば何年もスクリューが緩むことはありませんし、歯科医師が外そうと思えばレンチで簡単に外せます。穴が開いているところは、レジンで埋めますので食べ物が中に入ったりしませんし、どこが穴なのか見た目にほとんどわからなくなります。
スクリューリテインについて、詳しくはこちら
  • 単独7
  • 単独8
  • 単独9

PageTop