単独歯インプラントとは1本インプラントのことです。1本25万円です。スペックは全て最上級の品質です。

インプラント 横浜
このHPは内藤歯科のインプラントのHPです。一般歯科のHPはこちら

電話での質問のみでも歓迎! TEL.045-858-3755 完全予約制

単独歯のインプラント(1本症例)

 一本のインプラントに一本の人工歯を取り付けるインプラント構造のことです。インプラント治療の最も基本となる構造です。歯を1本だけダメにしてしまった場合はこの方法で治療をします。前後の歯や歯周組織が悪いと、数年後に歯周病などに巻き込まれてしまいますので前後の歯の審査が必須となります。

単独歯植立インプラント

1) 単独植立インプラントの上部構造

単独1

インプラントの上の部分は専門的には上部構造と呼ばれ人工歯とアバットメントから成り立っています。上から順に
@ スクリュー
 ストローマン社の純製のチタンスクリューです。細いですがネジ山が潰れたり、引きちぎれたりはまず起こりません。


A人工歯(ジルコニア)
 形態は非常に精密に加工ができます。人の手作業では製作が不可能なレベルです。硬度も1200MPaと金属レベルでセラミックスのように壊れたりはまず起こりません。色も20種類ぐらいから選択できますので見た目もきれいです。


Bアバットメント(ストローマン社製)
 人工歯とインプラントを接続するための部品です。ストローマン社製のインプラントとアパットメントトの組み合わせは顕微鏡レベルでもフィットに隙間がなく細菌が入ったり緩んだりすることはありません。


人工歯とアバットメントを強力なレジン系接着剤でくっつけます。適合は非常に精密で拡大鏡で確認しても隙間はありません。
余剰の接着剤はこの時点で全て除去しておきます。人工歯とアバットメントが一体化した状態になりました。これを一塊の上部構造と考えてsetします。

単独2

単独3

一体化した上部構造を口腔内のインプラントに差し込みます。口腔内での適合も非常に良好です。両隣の歯とのコンタクトや対合との噛み合わせの高さも問題ありません。歯科医の感覚では精巧な部品をとりつけているのような心地の良いフィット感があります。

単独4

単独5

単独6

上部構造はインプラントに対してスクリューだけでsetされます。これをスクリューリテインといって当院ではH24年以降はすべてスクリューリテインで行っています。
ドライバーでスクリューを締めていきます。最終的にはレンチを使って、人間が締める力の3倍の力でインプラントに締め付けていきます。こうしておけば何年もスクリューが緩むことはありませんし、歯科医師が外そうと思えばレンチで簡単に外せます。穴が開いているところは、レジンで埋めますので食べ物が中に入ったりしませんし、どこが穴なのか見た目にほとんどわからなくなります。

単独7

単独8

単独9

2)症例
60歳代の女性。インプラントを3本希望され来院されました。左のレントゲン写真は手術前、右のレントゲン写真は手術後2ヶ月半後のものです。手術後2ヶ月半後、オステル(インテグレーション測定装置)で骨とインプラントが結合したことを確認できたので、上部構造の製作過程に入ります。

tandokusyourei1

tandokusyourei2

@この症例では単独歯3本ですが、説明をわかりやすくするため左上4番だけ説明いたします。

単独11

A左上4番を直上から見た画像です。インプラントに紫のキャップがスクリュー固定してあります。
Bキャップを外すとインプラントが見えます。

単独12

単独13

Cアバットメントとジルコニア人工歯をセメントでつけて一体化させたものです。
Dアバットメントとジルコニア人工歯との間に隙間は確認できません。

単独20

単独21

E一体化した人工歯を穴からドライバーを入れてレンチでしっかり締めます。
F最後にレジンで蓋をすれば見た目に穴がわからなくなります。

単独14

単独15

G綺麗にsetできました。どこがインプラントか一目ではわかりません。噛み合わせも隣の歯とのきつさも完璧にです。精密なため調整も必要ありません。取り付け工程はわずか10分間です。

単独ファイナル

PageTop