横浜市戸塚区内藤歯科のHPです。このページは当院のインプラントの対する考え方を説明します。

医療法人社団横浜歯友会 戸塚駅前 内藤歯科

ご質問はメールでどうぞ TEL.045-443-6014 完全予約制

【@インプラントに対する当院の考え方】

動画

この動画で概要がご理解いただけます。

インプラントに対する当院の考え方

インプラントを肯定的に考えています。

当院はインプラント治療を患者様にとってメリットの大きな治療法であり、治療の選択肢の1つと肯定的にとらえております。ですからブリッジや入れ歯といった他の治療法よりも大きなメリットが患者様にあると思われる場合にはインプラントをおすすめしております。ただしそれには前提条件があり、精密な検査診断が必要になります。

しかし骨量が豊富という条件がつきます。

インプラント治療は肯定的ですが、骨造成手術に関しては消極的です。(否定してはおりません。私自身の手技レベルから見ると骨造成はリスクがあると考えいます。)当院では骨量が豊富な方だけインプラントをするという条件は厳守する方針です。


歯科医師の間でもインプラントに対して評価が違います。

インプラントについては肯定的に捉える歯科医師、否定的に捉える歯科医師がいますが、単純に賛成か反対かの2面構造ではなく、条件による複雑なグラデーションがあります。
私もインプラント治療は完璧とはいえない治療法であることはわかっております。デメリットもあります。しかし、それはブリッジや、入れ歯、さし歯など他の治療法にも同じことが言えます。どの方法でもデメリットがない治療法など歯科治療には存在しません。

全ての歯科治療はいずれ劣化していきます。

治療終了後、死ぬまでずっと持ちますよなんて言い切れる歯科治療はありません。死ぬまでもった歯科治療というのは、たまたま亡くなった時期の方が早かっただけだと思います。
全ての歯科治療はいずれ必ず劣化していきます。それはインプラントも同じです。ですからマイナスな部分を見て否定的に捉えるか、プラスの部分を見て肯定定位に捉えるか、論文やデータなどの根拠は同じものを見ていますが、歯科医師の個性により意見が分かれてきます。

患者様にとって最もメリットの大きな治療法を選択します。

それが、入れ歯であれば入れ歯を、ブリッジであればブリッジを、インプラントであればインプラントをおすすめします。決してインプラントありきの説明はしません。同じような症例でも患者様の個性や経済状況や健康状態によってメリットが違ったりもします。そしてそれを論理的に説明して納得いただけるかが大切なポイントだと思います。

その熱意が大切だと考えています。

「いい治療をしてくれた。」と言われるか、「金儲け主義の歯医者だ。」と言われるかは、第一に患者様のメリットを優先する熱意が伝わっているか否かだと思っております。患者様のメリットを優先した結果、治療費が高額になる場合もありますが、予定された予算より高くなってしまった場合には他の方法を考えましょう。

家族にすすめる治療を患者様にも

自分自身の家族にすすめる治療を患者様にもすすめます。

私は母や叔母、従兄弟にもインプラントをいたしました。全員、ケースが入れ歯やブリッジの選択よりインプラントの方がメリットが大きいと判断したからでした。もちろんデメリットもあるので説明し納得した上での治療です。
当院にいらっしゃる患者様には同じ思いで診断にあたらせていただいております。

私自身の歯が抜けたらどう考えるか?

「内藤先生はインプラントを入れないのですか?」

私自身は予防歯科をやっており、当面は抜歯の予定はなさそうです。しかし、抜歯となってしまったらという仮定の話ですが、条件が合えばインプラントが良いと考えています。

私なら、こんな条件であればインプラントにしたい。

他の歯を削ってブリッジにするのは一番嫌です。入れ歯の異物感もできれば避けたい。となれば、フラップレス手術でインプラントを入れるのがいいですね。ただし、インプラントを入れる位置に骨があるのは絶対条件です。骨造成をしてまでは、インプラントはやらないですね。

仮にそのインプラントがダメになったどうします?

まず、定期的なクリーニングを受けるのは前提条件となります。それでも例えば15年後、インプラント周囲炎でインプラントが抜けてきてしまったという仮定の話をします。半年入れ歯にしておいて、骨の回復を待って、骨が出てきたらもう一度インプラントにすると思います。

それをどう考えるか?

ブリッジの平均的な寿命から考えると、15年前にブリッジを選んでいたら、両隣の歯はもっと前になくなっていた可能性が高いと思います。インプラントが抜けてしまったのは残念だけどブリッジにしなくて良かったと考えます。

治療相談

相談

まずはゆっくりとお話を聞く、治療相談から

皆様、当院へ治療相談にいらっしゃるまでには、さまざまな経緯があり、必死でネットで探していらっしゃっていただく方が多いです。まずはゆっくり時間をかけてお話を聞かせてください。何を困っていらっしゃるのか?何が怖くて不安なのか?相談は30分無料で行っております。

患者様と治療のゴールの認識を合わせる

治療のゴール

歯医者トラブルの多くが、コミュニケーション不足です。

少数歯の治療なら、患者様と歯医者の間で認識の違い、思い描いていた治療計画のズレは生じにくいのですが、多数歯になってくるとそうはいきません。治療費や治療順序ははじめにしっかりと申し合わせをしなくてはなりません。メリットとともに、デメリットも説明しております。

計画場所、計画順序、治療期間、予算見積もりをお話しします。

当院はレントゲン写真のコピーの余白に手書きになりますが、治療計画を記入していくスタイルです。患者様にも予算や日程などの制約があるでしょうから、治療計画は患者様と一緒に立てていきます。

計画通りにいかなかった場合の対処法についても事前に説明します。

計画通りにいかない場合も、あらかじめ想定して、その場合はこうしますという説明もしております。

レントゲン検査(パノラマ、CT)

ct

診断に不可欠なCT

診断に不可欠なのはレントゲンです。レントゲンにはパノラマレントゲンとCTがあります。骨の厚みや深さを3次元的に調べるにはCTが必要になります。下なら下歯槽神経までの距離や骨の厚み、上なら上顎洞までの距離が何mmあるのかを測定できます。

骨量が豊富とは?(当院の基準)

ストローマンインプラント

ストローマンインプラントの大きさ

こちらが標準的なストローマンインプラントの大きさです。直径が4mm、長さが10mmです。まずはこれが骨の中に入った場合に周囲に骨の余裕がどの程度あるかを調べます。骨がインプラントを支えるのに十分な量があるかという重要な診断をします。

基準

当院の基準

骨がこれ以上あれば、豊富といえます。これ以下ならインプラントはやらない方針です。
インプラントにも8mmと短いタイプや、直径が3.3mmと小さいタイプもあるので、骨の少ない方にはそういうもので対応できないかは検討します。
しかし、ネジを打つのに、ベニア板みたいに薄いところに打つと安定しづらいというのは直感的にご理解いただけると思います。

【Aインプラントとは?】

インプラントがわかる動画

上の動画だけで概要がご理解いただけます。

インプラント=人工歯根

インプラントと天然歯

インプラントとは、チタン製の人工歯根のことです。

インプラントとは歯を失った場合に骨に埋め込むチタン製の人工歯根のことです。インプラントの上に人工歯(上部構造ともいう)をつけて歯に見立てる治療法です。ですから、インプラントは患者さんには見えません。

インプラントは天然の歯と構造が一緒

天然の歯も歯冠という歯の上半分の部分と、歯根という歯の下半分の部分に分かれます。歯根は歯根膜という靭帯で骨としっかりとくっついているため、硬い食べ物を噛むことができるのです。
その構造はインプラントも一緒で、インプラントは骨に埋めて固定してしまいます。歯根膜のような靭帯はありませんので、骨と直接結合することによって固定を得ます。その上に人工歯を作り、インプラントを機械的に強固に固定します。

インプラントの語源

インプラントの語源

イン・プラント

im=inは中にという意味で、plant=植物などを植えるという意味ですが、implantとは2つを合わせた造語です。

インプラントはいろいろあります。

心臓のペースメーカー、人工関節、美容成形の目的で体内に埋め込むシリコン材料等は、いずれもインプラントです。インプラントとは体内に埋め込む人工物の総称のことです。

デンタルインプラントはインプラントの一種

歯が無くなった場合に、顎骨に埋め込む人工歯根もインプラントの一つであり、正確には歯科インプラント(デンタルインプラント)と呼称されます。しかし一般的には、歯科インプラントの意味で「インプラント」という言葉が用いられることが多いので、以下インプラントという言葉を使用します。

現代インプラントの父

ブローネマルク教授

この博士から近代インプラントは始まった。

1952年スウェーデンのルンド大学で研究を行っていた若き日の整形外科医ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授によって、チタンが骨と結合すること(オッセオインテグレーション)が偶然発見されました。当時、ウサギのスネの骨にチタン製の生態顕微鏡をとりつけて微小循環の観察実験を行っていました。研究期間が終わり、高価な器具のため回収しようとした際、はずれなくなってしまうトラブルに見舞われます。しかしこれによりチタンと骨は拒否反応を起こさずくっつくのではとオッセオインテグレーションの仮説を思いついた瞬間でもありました。歯への臨床応用を考えたブローネマルク教授は、動物実験を経て1962年から人間に本格的にインプラント治療を行うようになりました。最初の患者は先天性歯牙欠損に悩むヨスタ・ラーソンという名前の34歳の男性で、彼は上下顎にデンタルインプラントを埋入し、その後彼がなくなる41年間問題なく機能しました。

長年不遇の時代もあった。

ただ、ブローネマルク教授が歯科医師ではなかった事などがあり、批判的な立場の歯科医師も多く、長い間、普及には至りませんでした。大きなターニングポイントとなったのは1982年のトロント会議です。そこで予後15年の症例が報告され、一大センセーショナルを巻き起こし、世界中で普及が始まりました。現在ではインプラントの父として、歯科医師で彼の名前を知らないものはいません。
これ以降、デンタルインプラントの形態は棒状であり、歯に似た形態が常識となりました。現在見慣れているインプラントの形も定まってきたのはまだ歴史的に見れば浅いと言えます。現在棒状形態以外のインプラントはないと言っても過言ではなくなりました。

ブレードタイプ 棒状(ルートフォーム)

インプラントのメリット

噛みしめることができる。硬いものでも自分の歯のように噛むことができる。
異物感がないため快適である。
取り外しの煩わしさがない。
見た目がきれい。

インプラントのデメリット

手術が必要。
費用が高額。
治療期間が最低4ヶ月かかる。
インプラント周囲炎のリスクがある。
骨が少ない方、全身疾患のある方はできない場合がある。

PageTop

  • LINE予約
  • 初診の方のWEB予約
  • 再来院の方のWEB予約