横浜のインプラントならお任せ下さい。

医療法人社団横浜歯友会 戸塚駅前 内藤歯科

横浜のインプラント【ポイントとFAQ】

痛みが少ないインプラント治療をお望みなら、迷わず、横浜の内藤歯科にお任せください。
インプラントありきではなく、患者様一人一人に最善の方法をきちんとお探して、ベストな治療法を提案させていただきます。
外科的治療が必要なインプラントではなく、それ以外の方法をおすすめする方針をとっていて、実際に他院でインプラントをすすめられた半数の方がインプラントをしないで済んでいます。
さし歯、ブリッジ、入れ歯の他にも、何もしないとい選択肢もあり、あくまでもリスクを伴うインプラント治療を最終手段と考え、患者様にもしっかりその点をご説明して、希望にも沿って治療を進めてまいります。
もちろん骨が豊富で、インプラント治療の成功率が高く、長期的な安定も良いと判断できる場合は、経験豊富な院長自らが、手術から人工歯製作まで全て行います。

インプラント 横浜

最小限の本数で治療を計画し、1本症例275,000円(税込)という価格で、高品質なインプラントを提供いたします。
電話での質問だけでも歓迎しているので、インプラント治療を受けるべきかなどのお悩みがある方や、他院と治療法や治療費の比較をしたい方なども、どうぞお気軽にご相談ください。

01インプラントとは

歯科診療におけるインプラントは「デンタルインプラント」と呼ばれています。インプラントというのは、身体に埋め込む人工物のことで、デジタルインプラントは、精巧につくられた人工歯を失った歯の代わりに埋め込みます。
近年では歯科医院でのインプラント治療が一般的になってきたことから、デンタルの部分を除いて単にインプラントと呼ばれるケースが多くなっています。
以前は歯を失った場合の治療法として、入れ歯やブリッジを用いることがほとんどでしたが、近頃ではインプラント治療を希望する患者が増えています。
さし歯とインプラントを同じものだと思っている方も多いようですが、さし歯の場合は歯根がまだ残っている状態で行う治療に対して、インプラントは歯根がないときに行う療法となっています。
歯を一本失い、ブリッジと呼ばれる治療法を選択する場合は、どうしても失った歯の両隣の歯にも負担をかけてしまいます。しかし、インプラント治療では周りの歯に影響を与えない独立した歯を植立することから、健康な歯へ負担をかけることなく治療を行うことが可能となっています。
また、インプラントは入れ歯やブリッジなどと異なり本物の自然の歯を同じような刺激が伝わることから、治療後は違和感なく食事をすることができます。

02初めてインプラント治療をする方が知っておくべきこと

インプラントは失った歯に人工の歯を入れる治療であることは認識していても、詳しい治療法については知らないというのが、インプラント治療を初めて受ける多くの方に共通して言えることです。
インプラントというのは、なくなった歯の部分に人工歯根を埋め込む治療のことで、人工歯根はネジ状で、あごの骨に固定することで強固な歯根に仕上げることを可能にし、そこに人工歯を装着します。
つまり、被せものである人工歯は、ねじを隠すために装着するもので、審美性を高めることを目的に使われています。
人工歯を入れることでかみ合わせがスムーズにできるようになり、それを調整して口の中を最適な状態にしていきます。
インプラント治療が行われる前は、入れ歯やブリッジが歯を失った際の主な治療法でしたが、これらは残された健康な歯を使用し食べ物などを噛む力を補うものです。しかし、インプラントはそれ自体がなくなった歯の代わりを果たしてくれるので、元の歯があったときと同じように噛む力を回復させることができます。
どうしても入れ歯やブリッジだと違和感がありますが、インプラント治療を行えば、違和感がほとんどなく以前と同じように食事を楽しむことができます。

初めてインプラント治療をする方が知っておくべきこと

03インプラント治療に関する3つのお悩み

1.インプラント治療での失敗はないの?
インプラント治療には外科的手術が必要になるため、失敗が起きるのでは?という不安を抱え治療に踏み切れない方も多く、実際に失敗が起きることもあります。
失敗をなくすためには、治療の設備や環境が整った医院を選択するのが大事なことで、インプラント治療の失敗を防ぐためには歯科用CTなどでの検査が必須となります。

2.インプラントは治療後のメンテナンスも大事
インプラント治療は成功しても、その後のケアについて心配する方も少なくないようです。
インプラントで失敗する原因には、術後のメンテナンスを怠ったことが挙げられます。
患者自身で行う日々のメンテナンスは、自分の歯を長持ちさせるのと同じく大切になりますが、それに加えて定期的な歯科医院でのプロフェッショナルによるメンテナンスは、インプラント埋入後のケアには欠かすことができません。

3.インプラントがベストな治療法なの?
インプラントはベストな治療法なのかどうかは、それぞれの口腔内の状態などによって異なります。
歯を失ったときの治療の選択肢はいろいろあるので、信頼できる歯科医師と相談して、自分自身で納得のいく治療法を選択することをおすすめします。
インプラントが優れた治療法であることは間違いありません。

04インプラントの種類は覚えておいた方が良い?

インプラント 横浜

近頃ではインプラント治療も以前と比べると安く受けられるようになってきて、治療を受けられる歯科医院の数も増えています。インプラントの種類も今では豊富に用意されていて、インプラントの型も日本国内だけで30種類以上もあると言われています。
これだけ種類が多いと、どのタイプを選べば良いか迷ってしまいますが、「インプラントの種類について覚えておいた方が良いの?」と疑問に思う方も少なくないと思います。
ちなみに、インプラントとは人工の材料や部品を体に入れることの総称で、ここでは歯を失った際に利用されるものを指します。
インプラントの種類はできるだけ覚えておいた方が良いというのが結論ですが、その理由はインプラントの基本や種類に関する知識がないと、正しい選択ができない可能性が高くなり、何かあったときも対処にも困るかたです。
「何かあっても治療を受けた歯医者さんに聞けば良いのでは?」と考える方も多いと思いますが、引越しなど何かの都合で治療を受けた歯医者さんに通えなくなってしまうことも考えられます。
治療前の選択と治療後の万が一に備えて、インプラントの種類に関しての知識も頭に入れておくことをおすすめします。

05神奈川県横浜市戸塚区でインプラント治療を提供

神奈川県横浜市戸塚区にて、インプラント治療を専門に行っています。
戸塚区は、横浜市を構成している18行政区のうちの一つで、東京のベットタウンにもなっています。
横浜18行政区の中では最も面積が広く、人口は2021年7月時点で約28万4千人となっていて18区内で第4位に位置しています。
区の中心である戸塚駅は、JR東海線、JR横須賀線、横浜市営地下鉄ブルーラインの3路線が交わるターミナル駅で、市内でも最も交通の便が良いことでも知られています。
都心へのアクセスが良い他にも、小田原や熱海、鎌倉や逗子や横須賀方面へのアクセスも良好です。
戸塚区は市内でも犯罪件数がとても低く、警察が夜中も頻繁にパトロールを行っているため、治安がとても良く安心して暮らせるようになっています。
戸塚駅周辺には200件近くの飲食店があり、ショッピングモールもあり、生活するために必要な全てが整っています。また、戸塚駅周辺は約50ものバスが発着する巨大なバスターミナルを擁しています。
戸塚区は商業施設と住宅街の総合タウンを目指して今も開発が進んでいて、今後もより魅力的な街へと変身を遂げていくでしょう。

06インプラントを1本入れる場合にはどのくらいの費用がかかる?

知っている方も多いと思いますが、インプラント治療には健康保険が適用にならないことから、一般的な虫歯の治療などとは違って高額な費用が発生します。
インプラント治療は自由診療ということになるため、料金は治療を行う歯科医院が自由に決められるようになっています。そのため、治療をどこで受けるかによって料金にかなりの幅が生まれます。
気になるインプラント一本あたりの治療費は、30〜50万円が相場と言われています。もちろん、50万円を大幅に超えてしまうこともあり、使用する素材によっては1本数百万円になることもあります。
また、インターネットなどで検索すると、1本あたり10万円代で治療ができる歯医者さんが見つかることもありますが、インプラント治療には使用する材料以外にもいくつかの治療方法もあって、材料が3流メーカーの粗悪品で、治療を行う歯科医師の腕が悪いことも十分に考えられます。

インプラントを1本入れる場合にはどのくらいの費用がかかる?

インプラントは自分の歯と同じように、治療後もしっかりメンテナンスを行わないといけません。
したがって、インプラントにする際には、価格以外にも大事なことがあることをしっかり把握して、信頼できる歯科医院を探しましょう。

07インプラントにするときに気をつけたい3つのポイント

01歯科医師に要望をしっかり伝える

インプラント治療は健康保険が適用にならないため、虫歯の治療などとは違い費用が高額になります。
そのため、何かあっても簡単にやり直しはできないため、治療をはじめる前に自分の要望や気になることを歯科医師にしっかり伝えるようにしましょう。
何か気になったまま治療をはじめると、失敗のリスクを高めることになってしまいます。

02手術のリスクをきちんと認識する

インプラント治療には外科的な手術が必要になるため、そのリスクもしっかり把握しておくことが大事です。
医師から手術のリスクについて説明があると思いますが、説明がない場合は自分から積極的に質問しましょう。
不安を抱えたまま治療をはじめることは絶対に避けましょう。しっかりとした説明をしないまま治療をはじめてしまうような歯科医師は信用しない方が良いかもしれません。

03治療中に変化があればすぐに医師に相談する

健康保険が適用にならずに、外科的手術も必要になるインプラント治療では、何か変化があればどんな些細なことでも良いのですぐに医師にそのことを伝えて逐一相談しましょう。
遠慮は禁物で、それが後々命取りになるかもしれません。
肩こりなどの直接歯には関係しないと思われるような症状でも、インプラント治療が体に悪影響を与えている場合もあります。

08インプラントにする歯医者さんは何を基準に選べば良いの?

そもそもインプラント治療は、全ての歯医者さんで受けられるわけではありません。インプラント治療は保険適用外となるため、積極的に取り組んでいるところもあれば、未対応の歯医者さんも少なくありません。
インプラント治療に対応していれば安心かといえばそうではなく、インプラント治療はそれを専門にしている、もしくは治療経験豊富な歯医者さんを選択することをおすすめします。
インプラントは歯医者さんによって治療方法も異なり、治療が完了して後もずっとケアをし続けてもらわなくてはいけません。
インプラント治療は日進月歩で進化しており、医師である歯医者さんでも定期的に研修会などに参加していないと最新の治療方法や知識を習得することができないようになっています。
ずっと古いままの方法で治療している歯医者さんよりも、最新の技術や知識を備えている方が良いことは素人でも容易に理解ができると思います。
忙しい歯医者さんにはそれほど時間がないため、インプラント治療を専門にしていたり、その治療に特化していなければ、技術や知識を採り入れることは難しいのです。
インプラント治療を受ける歯医者さんは、設備などを確認すれば最新の治療法を取り入れているかも分かります。

09料金に関することでよくある相談とは

  • 料金に関することでよくある相談とは

    インプラント治療を希望する方から最も多く寄せられる相談の1つには、高額な治療費に関するものがあります。どうして入れ歯よりもインプラントの方が高いのか?治療を受ける歯科医院によってかなり価格が違うのはなぜか?という質問もよくいただきます。
    そもそも、インプラントの治療費が入れ歯や虫歯などの一般的な治療よりも高額になるには、インプラントは自由診療に分類されるからです。治療を受ける歯医者さんによって価格が異なる理由にもこの点が関係しています。
    自由診療ということは、歯医者さん自身が自由に価格を設定できるということです。それなら治療費が安い歯医者さんを選べば良いのでは?という思う方もいると思いますが、あまりにも低い価格設定をしている場合は、それなりの理由がある場合がほとんどです。
    そのような歯医者さんでは精密な検査をするためのCT設備がなかったり、インプラント治療に使用する土台や人工歯の質を落としたりすることで価格を安くしている可能性が高いです。
    一口でインプラントいっても、素材も異なれば治療法も違います。また、インプラント治療でも、どの部分を治療するかによっても価格は異なり、本数によっても価格は大きく変化します。

10治療に関することでよくある3つの質問

質問
インプラント治療を行う前に先生に伝えておくべきことは?
回答
歯科医師の方から尋ねられると思いますが、現在治療を受けている疾病や、糖尿病や骨粗しょう症などの持病などは、しっかりと伝えておきましょう。また、服用している薬があれば、それも併せて治療前に申告してください。
ヘビースモーカーである方も、そのことをきちんと伝えておいた方が良いです。
質問
インプラントの手術前に注意すべきこととは?
回答
手術前には、体調を整えることが大事になります。
インプラント治療は外科手術であるため、前日に寝不足だったり疲れが溜まっていたりすると、術中に気分が悪くなることもあります。しっかりと睡眠をとって、リラックスした状態で手術を迎えるようにしてください。
また、前日のお酒は控えて、タバコも吸わないようにしてください。タバコは歯周病のリスクを高め、ニコチンが血管を委縮させ、傷の治りを遅くさせるなど、悪いことしかありません。
質問
インプラントの手術前には食事を摂って良いですか?
回答
食べ過ぎは良くありませんが、食事はきちんと摂って手術に臨みましょう。空腹だと血糖値が下がってしまう恐れがあります。
また、術中はトイレに行くことができないため、水分の摂り過ぎは控えるようにして、利尿採用のあるコーヒーやコーラなどのカフェインを含む飲み物は避けた方が良いです。

11歯科医院を選ぶときの注意点

POINT インプラント治療を行っている歯科医院はたくさんありますが、一般的な虫歯治療を主にしている医院は、インプラント治療の症例位数や実績に乏しいため注意が必要です。
インプラント治療に限らず、歯科治療の技術もどんどん進化していることから、インプラントを専門にしていないところで治療を受けると、どうしても古いタイプの治療を施される可能性が高く、治療実績が少ないということは、必然的に治療技術の質も悪くなることが懸念されます。
インプラント治療を専門に行っている医院なら、扱う設備が充実している可能性が高い他にも、扱うインプラントや材料にもこわだっている場合が多いです。
実は一口でインプラントと言っても、治療法も使用している素材も異なり、安い料金で治療を行っている場合は、粗悪品を使用していることが疑われます。
虫歯などの治療と異なり、インプラントには保険が利かないことから、治療を受ける医院によっては驚くほどの高額料金を請求される場合もあるので、事前に治療に掛かるトータル費用を確認しておきましょう。
治療が終わっても、メンテナンスを怠れば短期間で使用できなくなってしまうこともあるので、治療後に掛かる費用も含めて確認してください。

12覚えておきたいインプラント治療で使用される専門用語

インプラント治療を受けるときには、健康保険も適用にならず、一般的な虫歯の治療などよりも多額な費用がかかり、そのうえ外科的手術も必要になるため、慎重に治療をうけるクリニックなどを選択することをおすすめします。
クリニック選びを行うときには、事前に担当してもらう歯科医師からカウンセリングを受けたり話を聞いて、素人でも納得できる説明をしてもらえるなら安心感が増します。
しかし、実際に治療がはじまると、説明が丁寧な歯科医師でもついつい専門用語を交えてしまうこともあるため、より安心して治療を受けるためには、患者側も基本的な用語は覚えておくことを推奨します。
たとえば、「欠損」という言葉を歯医者さんが使うときには、それは歯のない部分を指しています。また、「歯根」というのは、歯の根っこのことで、歯茎の中にある土台だと考えましょう。
「クラウン」とは、王冠という意味ですが、インプラント治療では人工の歯のことを指しています。インプラント治療で使用する人工歯根は「フィクスチャー」と呼んでいます。
このように、歯科医師が何気なく使用する言葉が分からなくて不安になってしまうこともありますが、事前に勉強しても認識できない場合は、遠慮なく言葉の意味を確認してください。

FAQ一覧

お役立ち情報

インプラントにするメリットを教えて
展開
インプラントにすることのメリットについて紹介しています。入れ歯かインプラントの2択で迷っている方や、現状は良くてもいずれはインプラントにしようと考えている方には参考になる内容となっています。
詳細情報
インプラントを長く使用するためにはどうすれば良い?
展開
インプラントを長持ちさせるための注意点について紹介しています。すでにインプラントを入れている方にも、これからインプラントにする方にも参考になる内容となっているので、興味のある方はご覧ください。
詳細情報
インプラントに向いているのはどんな人
展開
入れ歯かインプラントの選択に悩んでいる方も少なくないと思います。
ここでは、入れ歯ではなくインプラントにすることが向いている人の特徴を紹介しています。抜歯をして早めになんとかしようと考えている方には参考になると思います。
詳細情報
インプラントは永遠に使えるわけではないの?
展開
インプラントの寿命について紹介しています。
インプラントは健康保険が利かないので治療費が高額になりますが、高いお金を支払っても永遠に持つわけではないことが良く分かる内容になっています。
詳細情報

PageTop

  • LINE予約
  • 初診の方のWEB予約
  • 再来院の方のWEB予約